日焼け止め

実は昔からいろいろな日焼け止めを使っています。今使っているのはコーセーのFasioのsuper uv screen EX water proofです。
その前はANESSA、ALLIEも使いましたが焼けてしまいます。

誤解の無いように言っておきますが、上記の商品は決して日焼け止め効果が無いわけではありません。
何をしても日焼けをする体質とどんな対策をしても効かないような行動範囲が悪いんです。

屋外の露天風呂にでも行かない限り日光に当たることの無いお尻とかまで白くは無いです。
元々色白ではありませんが日焼けしているところとの境界線はあいまいです。
クールビズと言われているこのごろでも長袖のYシャツです。(ネクタイは冬でもしていませんが)
海に行くときも長袖のラッシュガードを着ています。それでも満遍なく日焼けしています。

日焼けしやすい体質にもかかわらず、工事現場を歩いたり、サーフィンやボディボーデで海に行ったりしているので知らない間に焼けているようです。

美白を気にしている女性ではないので多少肌が黒いぐらいは全然問題ないのですが、それでも限度があります。
高校生のとき背泳ぎの選手として屋外のプールで練習していたときは顔の皮がむけました。
皮膚科に行ったら本格的な火傷の薬を処方されてしまうぐらい良く焼けました。
さすがにそんな焼け方はしないですが、日焼けは緩やかな火傷だってことは事実です。
女性だけでなく男性も限度を超えた日焼けをしないようにしたいです。
一日中外回りの営業マンや工事現場の代理人、高校生の部活とか海や山へのレジャーなど皮膚科の治療が必要になる前に予防しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

河童の忠告

ちょっと前のこと、頭の真ん中辺りがちょっと寂しくなった職場の先輩がシャンプーの仕方を教えてくれました。
なんでも頭の下の方からかき上げるように指の腹でマッサージをするように洗うと地肌をきちんと洗えるんだとテレビから仕入れたシャンプーの仕方を披露してくれましたが、これって僕が何時も洗っている方法と一緒じゃん。

子供の頃から汗っかきできっちりと洗わないとすっきりしないのでとにかく短時間でさっぱりと出来る洗い方が自然と身についていたようです。
頭の上から順番に洗うと髪の毛が邪魔していくら洗っても洗い残した感じがしてなりません。
髪全体を濡らしておいて、掌にとったシャンプーを髪全体に馴染ませ、下の方から細かく指を揺らしながら掻きあげるようにして頭のてっぺんまで洗います。
頭を一周洗うと髪の毛が逆立ってスーパーサイヤ人かソフトクリームを頭に載せたような感じになります。
頭のてっぺんに集まった泡を広げて、また下の方から掻きあげていく動作を何回かするとさっぱりとします。

自然と身に付けていた洗い方ですが正しい方法でよかったです。

ちなみに顔の洗い方は目やにが取れていて髭を剃った後のシェービングフォームが残っていなければokなので、たぶん正しいスキンケアは出来ていないと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

財布まで痩せるタラソテラピー

昔住んでいた所から歩いて行けるところにあったタラソテラピーのところはジャグジーだけなら表示価格800円でした。
私は歩いて行ったこともありましたがほとんどの利用者は車で来ていました。
富山地方鉄道なんて使ってやってくる人など居ないんじゃないかな?
私はたまたまJAF(自動車の助けてくれるやつです。)の会報でこの施設が紹介されているのを見かけてJAFの会員証で割引になることを知って700円で利用していましたが、多くの人が800円払っていたような気がします。

公共団体が設置した施設の割には16歳未満入場禁止という思い切った運営方針をしていることが功を奏してか大人の落ち着いた雰囲気を保ち、ジャグジーというかプールの利用が800円ということで貧乏臭くならず、エステを前面に出しすぎていないから男性でも利用しやすいという奇跡的なバランスが良かったです。

最近三重県に移ってタラソテラピーの施設を探したら、有るにはあったのですがとても利用したくなるようなものではありませんでした。

不必要なランチや宿泊が必ずセットであからさまに女性を意識したコース設定と高価な価格設定
仕事帰りに利用できる人が限られた立地ということは分かるが、近所の人が全く利用できない施設ってただの迷惑施設じゃないかって気がします。

それが理由って訳じゃないけど、私は専ら波打ち際の海洋表層水にもまれています。
その割には高脂血症とか高血糖値とか引っかかっているんだよね

| | Comments (0) | TrackBack (3)

ダイエットに効く水中ウォーキング

いつもガンガンと盛大に水飛沫を上げていそうな私ですが、歩くときは歩くんです。
大抵は15分ぐらいは歩いています。
15分と聞くと、「たったの15分?」という反応のほうが多いかもしれません。
でも、抵抗の少ない無駄の無いフォームで15分まったりと泳ぐより、
思いっきり普段使わない筋肉に負荷をかけて歩く15分では断然歩く方がしんどいです。

その時の気分にもよるけれど、50mづついろんな歩き方をしています。
膝を思いっきり高く上げて、ふくらはぎを使う歩き方
大また開きで腰を落として腿の筋肉を使う歩き方
横歩きで腿の内側と外側を使う歩き方
同じ横歩きでも相撲の稽古の又割りのように腰を落としておいて足を水平に横に開く歩き方
後ろ向きに腹筋を意識してぴょんぴょんと蹴り出す歩き方
ボールを蹴るようにつま先で水面を蹴りながらの歩き方
サッカーのブラジル代表がウォーミングアップでやっている3拍子のリズムに乗って体をひねる歩き方
とにかく思いつくあらゆる筋肉をちょっとづつ順番に使っていく歩き方をすることにより短時間で効率よく筋肉を使うように心がけています。

普段の生活で使える筋肉は普段の生活の中で鍛えられますが、普段の生活で使うことの無い筋肉はプールのような非日常の場所で使ってあげないと全く使われずになまってしまいます。
鍛えた筋肉をそれ以上に鍛えるのは大変なことですが、怠けた筋肉の目を覚まさせるのは意外に簡単です。

皆さんも最小の努力で最大の効果を得られるウォーキングスタイルを考えながら歩いてみてください。
思わぬ発見がいつもあるものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)