二色浜

二色浜
ハゼ釣りにいつもの二色浜公園まで行ってきました。
今日はフグだらけ、

ハゼはお休みを取っていたようです。
入れ食いでフグが掛かるけど、数回に一回は針を取られる。

おかげで二袋の針がすっかりフグたちのお腹に収まってしまいました。
肝心のハゼは一匹だけ、納竿まで元気にしていたので、リリースしてあげました。

彼の子供達が来年遊んでくれる事を期待してます。
帰りは、近くのスーパー銭湯 美笹の湯に 関西秋Walkerの割引券を使って入ってきました。

| | TrackBack (0)

ハゼ釣り

ハゼ釣り
土曜日に貝塚の二色浜公園にハゼ釣りに行きました。
近木川は、少し前まで水質の悪い川として知られていましたが、そんな風に感じない環境が整備されていました。

| | TrackBack (0)

電車でハゼ釣りに行ってきた。

ハゼ

2014年1月にマイカーを手放してからめっきり釣りから遠ざかっていましたが、久しぶりにハゼ釣りに行ってきました。

釣り竿フォルダーを装備していたアクセラに乗っていた時はほとんど荷物の量を気にせず、ひたすら忘れ物のないことに気を付けて釣り支度をしていましたが、今回は電車で行こうと考えていたのでちょっと勝手が違いました。

魚を持ち帰ることを考えてクーラー、バッカン、リールと最低限の仕掛け、釣り竿と最小限にまとめましたが、キャリーに括り付けないとちょっとしんどいぐらいの重さになりました。
釣り道具ってかさばるし、重たいですね。

重たい道具一式をキャリーでコロコロ転がしながら、電車に乗って小一時間、南海本線の二色浜まで。
駅を降りて海のほうへ10分ぐらい歩くとフィッシングマックスがあるので、石ゴカイを300円分調達。

二色の浜公園の中を通って、近木川(こぎがわ)の河口に釣座を構えました。

使った仕掛けは、釣り場に行って竿を選ぶことができないので、一番なんとでもできそうなクロダイゲーム用のルアー竿、これに中通し天秤、2号のなす重り、7号のハゼ針1本というシンプルな仕掛けを使って、エサは石ゴカイ。

こんな感じの装備で55匹釣ってきました。

近木川は20年ぐらい前は日本一汚い川と言われたこともある川ですが、最近はきれいになっています。
干潮時は水位が浅く、仕掛けにハゼたちがせせりに来る様子が良く見えました。
川底がきれいな砂地でデキハゼたちの良い住処になっているようです。

ポイントの特性なのか、今回釣れたハゼたちは小型のものが多かったです。
てんぷらサイズを狙うなら人工島の水路のほうがいいかもしれないですね。

| | TrackBack (0)

ハゼ釣り

見出川でハゼ釣りをしてきました。

121007_173954


正面から見るとなかなか愛嬌のある顔です。

黒鯛ゲーム用のルアーロッドに4号のオモリと針だけのシンプルな仕掛けで、ハゼのブルブル来るアタリを楽しんできました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アオリイカ

091021_190205

今日は有給休暇の計画消化という事で、四半期ごとに事前に休暇を申請する制度で申請していた休暇をいただいて海三昧でした。

午前中は伊勢国府の浜の緩いながらもサイズもそこそこのファンボード向きの波を満喫し、
午後から浜島のB&Gの先でエギングでした。

結局1匹しか釣れませんでしたが、美味しく頂きました。
大満足の一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近の釣果

最近はハゼ釣りが好調です。

河口部の大潮の干潮だと干上がっちゃうぐらいの浅いところで潮の上げている時間帯が時合いで良く釣れます。

年を越した大ものと今年生まれたばかりのデキハゼが1:2ぐらいの割合で釣れています。

先週の日曜日も70匹ほど釣ってきました。
捌くのが大変だけど、唐揚げにすると美味しいです。

使っているタックルは、

竿 : プロックス ソルトトラウトFE 762UL  ライトリグ用のロッドですが、穂先が柔らかくてデキハゼの繊細なアタリも見逃しません。

リール : パイレーツスピン PR-2000 PE付きの激安スピニングリール 通販だと大きい3000しか有りませんがフィッシング遊のリアル店舗では2000もおいてありました。ハゼ釣りには軽い方が扱い易いです。

ライン : メインのラインはリールに付属のPE1号、アタリが明瞭で楽しいです。先端は50cmぐらいフロロカーボンのリーダーをつけています。相手がハゼなのでビミニツイストなどのダブルラインはせずにいきなり電車結びでやっています。

天秤 : 三彗製作所 発光パール天秤 12号 ナス型おもり0.8号

道糸を透明のチューブに通してチューブの先によりもどしをつける事で遊動する天秤です。
おもりの抵抗がないのでデキハゼがせせっている様子が明確に伝わってきます。

針 : ハゼ用7号 1本がけ 手返しを重視して針は一本だけです。


色々試してみて、今はこの組み合わせが気に入っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

5月26日のエントリでスナヒトデが大量に釣れていると書きましたが、写真を撮ったその後にも釣れて、結果44匹もスナヒトデばかりが釣れたという散々な釣果となりました。

その後インターネットで調べたら、スナヒトデについて詳細に調査された水産試験所の報告書がいくつか見つかりました。そのなかで西海区水産研究所の報告では100m2あたり12~14個体という密度がスナヒトデにとって実現可能な最大生息密度である可能性が指摘されていました。

44匹釣ったと言う事は、44÷14x100=314ということで314m2の範囲のヒトデを全部釣ったと言う事になります。
当日僕の釣りスタイルはチョイ投げで堤防の先に釣座し、隣にも釣り人が居たので僕が堤防から北のエリア、隣人が南のエリアに投げていました。つまり、釣座位置を中心とした半径30mの円の1/4の面積の部分に仕掛けを投げ入れていたということです。

異常発生して最大にヒトデが生息していたとすると、僕の釣った範囲にいたヒトデは
30x30x3.14÷4÷100x14=98.91

約100匹居るところの44匹をつり上げたと言う事は物凄いヒット率ですね。とほほ

これぐらいのヒット率でシーバスやキスやカレイが釣れたらいいな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うなぎ

昼間掘って来た貝(イソシジミ、アケミ貝)のむき身でウナギを釣ってきました。

Imgp0017

クーラーの横幅が35cm、完全に倍以上有ります。

割いてから、ちゃんと計ったら78cmでした。デカイです。

30分冷凍庫に入れて仮死状態にしておいたものの、ぬめり取りのために熱湯をかけたら復活して暴れ出したので、再度冷凍庫に入れてしっぽの先が凍るぐらいにしてやったらおとなしくなりました。

おとなしくなったところで、背開きにして白焼きにしましたが、ちょっと焼きが足りずに小骨がじゃまで今一でした。

串打ち3年焼き一生と言われるぐらい焼くのは難しいと言う事ですが、ウナギの焼き加減は難しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の釣果

アナゴ5匹

5匹と言っても型が小さく、一人分のおかずです。

冬にデカイのを釣った時に仕掛けから外すのに苦労した反省から、今日は1本針の仕掛けにしたのが功を奏し、スムーズに釣る事が出来ました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

潮干狩り

今日は正午頃に干潮が来る大潮で絶好の潮干狩り日和です。

松阪近辺では松名瀬海岸と高須がポイントになります。

松名瀬は夏に海水浴場になるので浜茶屋があり駐車場完備、トイレありなので入漁料が必要ですが人気です。

高須は下水処理場の先に公園があって公園の駐車場とトイレがあります。こちらは入漁料が要らないのでとんでもない人混みになっていました。

10時前には駐車場どころか周辺の堤防まで車であふれかえっていました。三重ナンバーだけでなく京都や滋賀、奈良などの関西系のナンバーの車も結構見かけました。

ぼくは人混みを避けて秘密の場所で潮干狩りをしてきました。

1時間も掘らなかったけど、快晴なので日差しが強くて暑かったです。今日潮干狩りに行った人の中には日焼けでひりひりしている人や目がしょぼしょぼしている人もいるんじゃないでしょうか。

ぼくは金アネッサで日焼け対策をちゃんとしていたのでほとんど焼けていないし、目の保護はレンズにタレックスを使った偏光グラスで万全だったので全く問題なしでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧