« エアコン | Main | エアコンの必要能力の計算 »

エアコン付けっぱなしの問題点

エアコン付けっぱなしの問題点
この冬は省エネの為に、エアコンを付けっぱなしにしています。
付けっぱなしにしたら負荷のピークが出来にくいのでマクロで見ると発電設備能力を大きくしなくてすみます。

家だけの視点では、電気代が少し増え、快適性はかなり上がります。

それでも、エアコンの設計の前提は昔ながらのままなので、付けっぱなしには色々不便があります。

まず、

折角のフィルターお掃除機能が使えない。

この機能は停止後に自動でフィルターの掃除をするので、連続運転だと機能しません。

そんなわけで、昨日は寝る前に久しぶりにエアコンを停止しました。

7時間停止して、朝再起動しました。
電気代は10円だけ安かったようです。
朝、部屋の温度は14℃、窓際は6℃まで下がっていました。
普段は18℃と11℃なので、4、5℃違います。

この差は起きるモチベーションに多大な影響があると思います。

|

« エアコン | Main | エアコンの必要能力の計算 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89446/63162028

Listed below are links to weblogs that reference エアコン付けっぱなしの問題点:

« エアコン | Main | エアコンの必要能力の計算 »