« September 2011 | Main | February 2012 »

冬の節電

冬の節電
コーナンで面白いもの発見
節電効果もありそうだけど、それ以上に足元が冷えないのがいいね。
エアコンの設定が20°Cでも、足元で15°Cキープ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水濁法の疑問

水質汚濁防止法の施行令によると、

水質汚濁防止法が規定する有害物質には、

二十六  アンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物

という項目があります。
アンモニウム化合物の定義を明確に解説した環境省の文書は見あたりませんが、一般的にアンモニウム塩というものが該当すると解釈すると、一般家庭でお洗濯に使っているような柔軟剤やファミリーレストランの厨房で使っているような消毒石けんもアンモニウム塩を主成分としていることが多いです。

それを念頭に、水濁法の特定施設の用件を見ると、

六十六の五 飲食店(次号及び第六十六号の七に掲げるものを除く。)に設置されるちゆう房施設(総床面積が四二〇平方メートル未満の事業場に係るものを除く。)

六十七 洗たく業の用に供する洗浄施設

なんていう、特定施設も出てきます。

420m2というと3.3で割ると、127坪以上の床面積のレストランで逆性石けんを使っていると改正水濁法の対象となる可能性があります。
床面積で130坪っていうと相当大きな店と思いますが、道頓堀のづぼらやさんのようなビルになっているところは特定施設に成る可能性がありますね。

もう一つの洗濯業の用に供する洗浄施設は、規模の要件がないので何処まで小さなところまで規制がかかるか分からないです。
コインランドリーの洗濯機は洗濯業の用に供する洗浄施設なのか?
コインランドリーの洗濯機が柔軟剤をいれれるようになっていれば有害物質使用特定施設に該当するのか?
はたまた、クリーニング店の洗濯機はどうなのか?

もし、クリーニング店の洗濯機が改正水濁法の点検対象となったらクリーニング店はやっていけるのか
只でさえ、消防法&建築基準法で問題になっているだけに心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

間に合わない人

僕の親爺は転職を繰り返し、最後は自営で個人商店を営んでいましたが、ずっとセメント業界一筋でやってきた人でした。
零細なところが合従連衡した業界でそれぞれの会社の浮き沈みが激しく、会社の倒産や解雇、転職も当たり前のように多かったようですが、その業界内で仕事にあぶれずにやってきた経験から口癖のように話すキーワードがあります。
キーワードは「間に合う人間」。
お金を出す人が所望する物を財布の口が開いているうちに提供出来る人。
雇っている人が望む結果を出す人。
いろんなニュアンスはありますが、タイムリーに顧客が望むサービスを提供できる人が値打ちのある人で、使ってもらえる人だと言っていました。


話変わって、


昨日のエントリで、
改正水濁法の説明会の定員が少なすぎるということを書きましたが、
その後になって、締切を過ぎた説明会を案内する間抜けがおりました。


改正水質汚濁防止法に対する全国説明会の開催・参加募集および国の考え方について
1月24日更新の滋賀県の告知ですが、23日に定員オーバーで締切の説明会に「お早めにお申し込みください。」と案内しています。
ホームページにアップする原稿の審査の過程で間に合わなかったんだろうと推測しますが、アップ直前に締め切られていないかぐらい確認して欲しい物です。
もっとも一番責められるべきは、説明会の定員を少なく見積もりすぎている環境省の担当部局ですが、どいつもこいつも間に合わない人間だと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水質汚濁防止法改正

水質汚濁防止法の一部を改正する法律が6月1日から施行されるのを受けて環境省が事業者向けの説明会を開くそうです。
説明会の案内は環境省のホームページの報道発表資料参照

今回の水濁法改正は地下水汚染の未然防止という事案ですが、届出対象を有害物質貯蔵指定施設に拡大することや施設の範囲を付帯する配管にも拡大しその点検を義務づけるという内容のため、今まで届出を必要としていなかった事業者にも広範囲に影響する内容だと思います。

そのため、施行前に説明会を開く訳なんですが、この規模が小さすぎて混乱するのは必至だとおもいます。

説明会開催の案内が発表されたのは20日金曜日の午後16時頃、土日を挟んで、月曜日の夕方には東京、大阪、名古屋の会場は定員に達したため締め切りとなっています。
全国7会場で二千人弱の定員と成っていますが、対象となる事業所は万単位であるので明らかに計画ミスじゃないでしょうか。
省エネ法が改正されたときの説明会の規模や頻度、準備期間の長さと比べると準備不足が目立ちます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | February 2012 »