« December 2010 | Main | February 2011 »

それを言うなら受水槽だろう

日光の古河電気工業から青酸化合物が紛失した事件の報道で夕刊フジが有識者の見解として元警視庁刑事で作家の坂東忠信氏の言葉を紹介しているけど、浄化槽は排水を処理する設備なので直ちに大きな被害が出る物ではない。
もちろん排水を処理した後に放流された先の河川では魚が死ぬなどの被害が出るけど、そこは既に水道管理者の範囲ではない。
注意しなければならないのは受水槽の方でしょ。

これぐらいの間違いは記事にする前に訂正しておいて欲しいな。
でも、夕刊フジに期待する方が間違いか(笑)

------問題の部分 (2011年1月8日17時00分 夕刊フジ--
 元警視庁刑事で作家の坂東忠信氏は「転売目的という見立ても分かるが、何者かが無差別テロに使用する可能性も捨てきれない。マンションの浄化槽などに入れられたら被害は甚大だ。関東周辺の警察、水道管理者は警戒すべきだ」と語っている。
------問題の部分 (2011年1月8日17時00分 夕刊フジ--


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »