« May 2008 | Main | July 2008 »

何かが違う自伝車道整備

「街路樹100本消えた…国道整備名目にバッサリ 名古屋」と題して朝日新聞が名古屋市の伏見通での自転車道整備に関して配信しています。

-----朝日新聞 2008年6月29日社会 ------
名古屋市中心部の伏見通で街路樹約100本が姿を消した。名古屋国道事務所が環境保護や事故防止を目的に自転車道や駐輪場を造るため、切ってしまった。中央分離帯の木も一部なくなり、「白い街」に夏の日差しが照りつける。

 切られたのは、若宮大通の交差点から桜通までの1.3キロの50年ごろ植えられたシンジュの木。残ったのは「ご神木で切れなかった」というタブノキの大木など一部だけ。交差する通りは木が茂っているのと対照的だ。

 7月に終わる工事は片側5車線の車道を3車線に減らし、幅3メートルの貨物荷さばき場、幅2.5メートルの自転車道を造るもの。街路樹があった付近は主に駐輪場にした。

 違法駐車や放置自転車をなくすのと、自転車と歩行者の事故を減らすねらい。あえて車線を減らした。約8億円かかった。

<中略>

 近くの商店主(68)はあきれている。「もう植えないんですか。環境のため木陰を無くすなんてばかげている。市もビル建設を許可する時に駐輪場を義務づけたらいい」

 1月、伏見通と交わる桜通や、豊橋駅前などが国の自転車通行の環境整備モデル地区に選ばれている。限られた空間しかないのは同じ。今度はどうするか。国道事務所は手法を検討している。

 名古屋国道事務所の高橋誠・交通対策課長は「モデル的に駐輪場や自転車通行の専用スペースを作った。緑は残したかったが、場所が足りず、伐採はやむを得なかった。代わりの木を植える予定はない」と説明している。(伊藤智章)
-----朝日新聞 2008年6月29日社会 ------

朝日新聞が言いたいのは「環境と言いながら街路樹を切るのはけしからん」と言うことなのだろうか?
確かにこの部分にも違和感を感じる。

都心部の道路はビルの壁面や道路のアスファルトの照り返しで夏の日中は灼熱地獄と化す。
これが街路樹の木陰が少しあるだけで、まるでオアシスが出来たかのように涼しさを感じられる部分ができあがる。
木陰のない灼熱地獄、風よけのない吹きさらしの荒野になることで自転車で走るには過酷すぎて利用者が伸び悩むようでは本末転倒だ。
自転車利用を促進させるつもりであれば、快適に走ることが出来る道を作る工夫が必要だと思う。
そしてそれには街路樹を残したうえで自転車が安心して走りたくなる通行帯を作るという発想から出発しないと実現できないと思う。

以上のように街路樹を切ったことには僕も反対だ、しかし、もっと違和感を感じるところは駐輪場を作ったという部分じゃないだろうか。
自転車や自動車と言った交通用具は移動している時間より止まっている時間の方が長い。
道路を造ればこれを利用する交通用具が増える、そうすれば駐車場や駐輪場の需要も増えて当然だ。
だから駐輪場や駐車場の問題は道路を造るのと一緒に考えなければならない問題です。
そういう意味では駐輪場を作るというのは非常に良い発想なんだけど、問題は作る場所を道路上にしてしまったこと。
愛着のわくことのない鉄くずみたいな自転車があふれている日本で路上に簡単に停められる場所があればあっという間に放置自転車であふれて、駐輪場からはみ出した自転車により通行の妨げが起きるのは目に見えていることではないだろうか。
自動車の駐車場は一部にはパーキングメーターという制度があるものの基本的には道路以外の部分に作ることが常識になっているし、路上駐車は厳しく取り締まりを受けることになっている。
これに反して同じ交通用具である自転車に路上駐車してくださいと言っているような道路の構造にするのは間違いだろうと思います。
近くの商店主の言葉として紹介されているように、条例で一定規模以上の建物に対しては駐車場を規模に応じて設置するようになっているのを自転車にも適用していくとか、駐車場、駐輪場の作れないような小規模の建物を制限していく政策がこれから必要になるのではないでしょうか。

通行の妨げになる路上駐輪や放置自転車に対しても、路上駐輪に反則金を課してコインパーキングみたいなものを利用することを促進するとか、自転車防犯登録制度を利用して持ち主に連絡して引き取らせるとかが必要になると思います。

駐輪場問題を抜本的に解決する方法無しには自転車利用の促進は困難と考えるので、低炭素社会とかCool Earth 50なんて到底無理なんじゃないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しい水着で泳ぐ

新しい水着で泳いできました。

アリーナのエールブルーです。

こういうのです。

やっぱり、着るのが大変だった。

更衣室とはいえ、真っ裸の丸出しで、水着と格闘してきました。

この点ではSKINZのビキニは着やすいので楽です。

着てしまえば、締め付けられているからと言って動きにくいこともなく普通に歩けました。

準備体操の膝の屈伸も問題なく、ぶれないための締め付けと、動くための伸縮のバランスが物凄い高い次元で絶妙に調整されているんだなと感じます。

水に入ると、流石に新品の水着なので良く水をはじきます。

抵抗の少なさは最初のケノビだけで分かるぐらい画期的で、下半身が軽くなった感じがします。競技用の水着としてはLZRには及ばなくてもかなりの効果があるようです。

では、着てみて実感できるぐらい凄い水着だから何時も着たいかと聞かれれば、答えは「No」

やっぱり普段は着やすくて楽なビキニタイプの水着の方を選びたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しい水着を買っちゃった

新しい水着を買っちゃった。

といっても、この時期らしいリゾート用のものでも話題のレーザーレーサーでもなくアリーナのエールブルーです。

こういうのです。

何時もお世話になっている水着の通販ショップのヒカリスポーツさんの在庫処分が有ったので激安で買いました。

何時もはSKINZのハイレグのビキニやARENAのブーメラン水着、nuxとかを着ているのでロングスパッツは分かっていたこととは言え着るのが大変。

置き状態でMサイズのウエスの幅が24.5cm、これが適合ウエストサイズ76~80cm

つまり49cmの水着に80cmのものを納めるという作業が必要なわけでとにかく大変です。

SPEEDOのレーザーレーサーはaile-bleueよりも遙かに着るのが大変という声が報道されていますが、aile-bleueでも十分に大変なのでレーザーレーサーを着るだけで体力を使い果たさないか心配になるぐらいです。

10分近くの格闘の末、試着した己の姿は、、、、orz

ブーメランタイプは足が細くなる訳じゃないので多少のおなかの膨らみは気にならんかったけど、競泳水着のロングスパッツは足が細くなるだけお腹のぽっこりが目立つのね。

モッコリよりもポッコリ、、、

激しく日頃の不摂生が悔やまれます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

環境のためのR


環境のための3Rというのが有りますが、2000年に制定された循環型社会形成推進基本法においての3Rの考え方はReduce(リデュース:減らす)、Reuse(リユース:再び使う)、Recycle(リサイクル: 再資源化)の優先順位で廃棄物削減を行うというものです。

しかし、現実にはリデュース、リユースはあまり話題に上らず、リサイクルばかりが取り上げられます。
この背景にはリデュース、リユースでは儲からないからということがあります。

廃棄物を減らすために製品を長く使われては困るから「エコ替えキャンペーン」
中古品で済まされては新製品が売れないから「PSEマークがないと売っちゃ駄目よ」
ということです。

残ったリサイクルはどんだけエネルギーを浪費しようが再資源化して廃棄物でなくなれば環境経営度の評価点が高くなる仕組みで評価されるからいろんな業界で推し進められているので良く耳にするだけのことです。

エコ替えの嘘から見えてくる本当のエコ、環境に優しい行動は、Repair(リペア:直す)、 Rental (レンタル:借りる)、Reuse(リユース:再び使う)というRを経由してReduce(リデュース:減らす)することだと分かります。

古くなっても故障箇所を直して使い続ける。そうすれば確実にゴミは減ります。

時々しか使わない物は借りて済ます。
例えば週末だけ使う自動車はレンタカーやタクシーを使う。
レンタカーなら駐車場代はいらないし、気分で最適な車を利用できる。
タクシーだって運転手付き、送り迎え付きの自動車と考えれば意外に安い物だし、利用効率を考えれば自動車を個人所有するよりは製造にかかる温暖化ガス排出量の削減になる。

こうしてみてみると、声高にマスメディアで主張されている嘘が沢山有ることに気がつきます。
マスコミの嘘をRefineする能力を持つこともエコロジカルな生活には必須の能力になっているようです。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

本当の「エコ替え」

先日のエントリではトヨタのCM「エコ替え」キャンペーンに付いての疑問から、「未だ走れるけど燃費が良いからエコ替え」とはならないことを公表されている資料から推定してみました。

わざわざこんなしち面倒な事をしなくても常識的な思考をする方なら直感的に使える物を捨てる方が環境に悪いことを見抜いているわけで、連日多くのBLOGで疑問が呈されています。

そこで今回はもう一歩踏み込んで「本当のエコ替え」とは何だろうと考えてみます。

このブログのメインテーマから簡単に察しが付くと思いますが、、
「自動車から自転車に乗り換えること」
これは十分にエコ代えになるのではないでしょうか?
残念ながら自転車を製造するのに必要なCO2の量が分からなかったので、自動車から自転車に乗り換えた場合の交通用具製造にかかる二酸化炭素排出量の比較は出来ませんでしたが、比べるまでもなく自転車の方が二酸化炭素排出量が小さいでしょう。

次に「自動車から公共交通機関に乗り換えること」
これもいろいろな公共交通機関の団体がキャンペーンをしていますが、トヨタほど資金力が無くて認知度は低いのが実情です。
人影もまばらな地方のバスの中吊り広告では、TVCMには太刀打ちできないですね。
鉄道の場合も2005年からキャンペーンをしているようですが、今回の記事を書くために調べるまで知りませんでした。
鉄道でエコ キャンペーン」これです。 皆さんは知っていましたか?
自転車と違って利用する度に多少はCO2を排出しますが、燃費の良い自動車の1/10ぐらいです。
レクサスが如何に環境に悪い乗り物かよく分かります。

自転車の普及に携わる皆さんのエコ替えキャンペーンに期待したいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

うんざりする報道

北京オリンピックを目前に各国の予選で驚異的な記録ラッシュを演出しているSPEEDOのレーザーレーサーですが、あまりにも報道が過熱というか話題になりすぎていて、本来の水泳の話題とは関係ないところにまで波及しています。

もともとそんなに気合いを入れて競技をしていたわけでもなく、健康のために水泳を続けていたに過ぎない管理人にとっては過度に競技専門というジャンルの水着は関心の薄い物でした。

今回の「LZR RACER®」や数年前に話題だったARENAのX-FLAT、発売当初はメンズのフルスーツと言うことで斬新だったARENAのaile-bleueなどは手軽に買えないこと、生地が薄すぎて実用的な耐久性が乏しいこと、着用に非常に時間がかかることなどから購入の選択肢にはなりませんでした。

これらの水着はあくまでも競技会用であり、一流の鍛え上げた選手がここ一番の時だけ快適性や経済性を犠牲にして最後の数cmを稼ぐために利用する水着だと考えます。

北島康介選手が連続で金メダルを取るためにスポンサーとの関係を乗り越えて最も有利な水着としてレーザー・レーサーを選んだと言うだけなら、メダルにかける執念として話題になるのは分かるし、オリンピックが生み出すドラマとしても見る物を引きつけると思います。

しかし、だからといって素っ裸の状態から3人がかりで30分かけて水着を着るとか、伊藤華英選手が着用4度目の大会で脇の下が裂けてあわやおっぱいポロリだったとか、、、ちょっと下ネタ的興味本位過ぎないかなと思う報道が目立つようになりました。

注目を集めてSPEEDOと提携しているゴールドウィンの株がストップ高になっているとか、4万円を超える水着がデパートで予約殺到とか、最近にはない景気のいい話は歓迎すべきだと思いますが、本来の水泳の面白さに目が向いた報道が全然無いのが寂しい限りです。

北島選手が何かきで100m泳ぐとか、中村礼子選手と伊藤華英選手の泳ぎの特徴の違いとかもっと泳ぎ自体に注目した報道を望みたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「エコ替え」は「エゴ買え」

最近腹の立つ事、、 トヨタのCM

人を馬鹿にするのも大概にしろ、自分さえ良ければ地球がどうなっても良いのか
新聞社の主催する環境経営度調査で優秀な成績を取ろうとも、本質的には環境破壊の中心ではないのか
それを膨大な広告費を使ってさも環境に配慮した会社のように振る舞う姑息さはどこまで性根が腐っているのだ。

こんな事を考えているのは私だけではないようで、沢山のblogでそのうさんくささが指摘されています。

最近のエントリの中ではマーケッターのitsumoyyさんがトヨタの「売らんかな」とする商魂が見え透いている点を残念としていますが、担当する広告代理店の中ではちょっと嘘過ぎるだろうとか考えなかったのか僕も疑問を持ちます。
越後屋さんのエントリでも「馬鹿じゃねぇか?」と切り捨てた後に「車1台作る為に消費したエネルギーや物資は、何年プリウスに乗れば取り返せるのですか?」と誰でも思う疑問、そしてトヨタが決して言わない真実を突いています。

一応、私もエネルギー管理士の端くれ、公表されている資料からおおざっぱでは有りますが検証してみましょう。
まず環境省のWEBサイトから自動車業界の資料を引っ張ってくる、、、、

有りました。

自動車製造業における地球温暖化対策の取り組み」(2007年1月31日:社団法人 日本自動車工業会)

この資料から4輪車の総売上が会員企業全14社で18兆円、生産台数が1089万台、CO2排出量が575万トン
ということが判明。
ここから、総売上÷台数=165万円/台、CO2排出量÷台数=0.528トン/台ということが導かれました。

単一の資料からでは心許ないので探すと、、、今月の月刊省エネルギー(財団法人省エネルギーセンター)に日産自動車のグループ内の製造原単位のグラフがあったので読んでみると0.7トン/台でした。

以上の数字は自動車工業会の会員企業が完成車販売メーカーであること、この中には軽自動車も含まれていてトヨタのエコ替えで対象としている小型普通車は軽自動車よりも多く製造にかかるエネルギーを消費していること、日産は軽自動車を製造していないこと以上から分かることは、、、、

小型普通車を組み立てるのに必要なエネルギー消費に伴う地球温暖化ガスの排出量は炭酸ガス換算で1台辺り約700kgということ。

この数字を燃費が10km/Lの車Aから15km/LのBにエコ替えすると、、、
ガソリンの燃焼に伴う二酸化炭素排出量は2300g/Lなので1km走る時排出する量は、
車A:230g/km
車B:153g/km
その差は77g/km
700kg÷0.077kg/m=9090km

以上の排出量には部品製造にかかる排出量は含まれていません。
そして、部品を組み立てるより部品を作る方が何倍もエネルギーが必要なことは明らかなこと。

組み立ての工程では部品に塗装するために空調や換気をする。部品を運ぶためのコンベアを動かす。ねじを締めるために電動工具を使うなどによってエネルギーが消費されます。
一方の部品製造では鉄を溶かして合金を作る。熱して圧延する。鋳物を作る。鋳物から削り出す。膨大な数の電子デバイスや小型モーター(パワーウィンドウなどの駆動部品)を製造するなど幅広い業種に及んで膨大なエネルギーを使っています。
これは範囲が膨大すぎて統計の取りようがないので集計不可能な数字になると思います。
よく分かりませんが組立工程の数倍ぐらいあるのでしょうか
仮に5倍とすると45,455kmとなってしまいます。

これでは「未だ走れるけど燃費が良いからエコ替え」とはならないでしょう。

レクサス GS460 カタログ燃費 9.3km/l  247g/km
ヴィッツ B   カタログ燃費 22.0km/l  105g/km
その差 142g/l
700kg÷0.142kg/m=4930km
これならエコ替え、つまりレクサスのような環境破壊車はやめてヴィッツに乗ろうというメッセージなんですね>トヨタさん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏野菜カレー

久しぶりにココ壱番屋に行ったら夏限定メニューで「チキンと夏野菜カレー」というのが有ったので早速食べてきた。

ウマーー

プチトマトの酸味がいいわー

夏野菜として茄子、オクラ、プチトマトが入っていてトッピングに鷹の爪の輪切りが入っている。チキンは胸肉を割いたもので柔らかくルーが絡まって美味しかった。

自分でもトマト入りのカレーは作るけどプチトマトは初めてでオクラも意外と風味が合っていました。あの独特の青臭いのがカレーの中でアクセントになっていました。

自分で作るのは湯むきトマトの種を抜いて肉の部分だけを使い煮込みますが、ココ壱のは暖めたルーに合わせるだけで煮込んでいないのが新鮮でした。

偶にはアルコール抜きで外食するのもいいね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夫婦岩

夫婦岩
二見と言えば、夫婦岩。
来週21日は早朝の3時30分から夏至際の禊ぎ行事が行われるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

御福餅

御福餅
御福餅で一休み

| | Comments (0) | TrackBack (0)

堤防

堤防
櫛田川の堤防道路
ちゅっと前はアザミの紫の花がきれいだったけど
アザミは終わって、野菊の白い花が盛りです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »