« July 2007 | Main | September 2007 »

新しいタイヤ

Imgp0225

お盆にパンクしてしまったイリュージョンオレンジ アンカー号の新しいタイヤが届いたので早速タイヤを交換しました。写真奥のスリックタイヤが700km走行したVittoriaのOpenCorsa EVO CXで手前のが同じくVittoriaのRUBINO PRO TECH IIです。

見た目でも全然違うけど、手触りはもっと違う感触でした。
ルビノの方がゴムが硬い感じがします。ゴムが硬いからサイドにパターンが入っているんでしょうか。
手に吸い付く感触もオープンコルサに比べてルビノは少ない感じです。

最初、慣れないうちはコーナーを攻めすぎてスリップしないように気をつけた方がいいかもしれないですね。

RUBINO PRO TECH IIの特徴のmythriluサイドウォールはロード用のタイヤとしては側面が厚いかなという程度でそれほど物々しいものではありませんでした。
実際に使ってみてどの程度長持ちするか見極めなきゃ真価はわからないです。
週末が待ち遠しいです。

今回、ロードレーサーのタイヤを買うついでに、通勤に使っているマウンテンバイクのタイヤも新調しました。
今まではSPECIALIZED Hardrock に最初からついていた   Enduro 26x2.20 でしたが、店頭在庫の期間が長かったり、毎日わざわざ砂利道を使って自転車通勤しているおかげでセンターのブロックパターン、特に後輪のパターンが後残りわずかになってしまったので交換しました。

新しいタイヤはPanaracer Mach SS 26x1.95 センターがセミスリックなのと2.20から1.95にサイズダウンしたことからびっくりするほど舗装路での走りが軽くなりました。
会社の構内でスピード違反で捕まらないように注意しなきゃならないぐらいスピードがでるようになっちゃいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の伊勢国府の浜

資格試験も終わったし、ということで有給休暇をとってのんびりと海に行ってきました。

相変わらずの伊勢国府の浜ですが、さすがに平日は空いていて遊べました。

今日入ったのは夕方3時から日没まで、ちょうど潮の加減が昼前に干潮になって日没に向けてあげる潮だったので、上げ潮のうねりがコンスタントにヒットしていて、数が少なくサイズも小ぶりでしたがのんびりといい感じで遊ぶことができました。

明日、明後日の土日は混雑していて波の奪い合いになってあまり遊べないでしょうね。

狙うとしたら関西勢が帰った後の日曜日の夕方かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑の夏休み

いよいよ長かった夏休みも終わってしまいました。
意外に遊べなかったなぁ

いい波が来ていなくて波乗りに行かなかったのも大きいが、暑過ぎて外出する気力が起きなかったのが主因だと思う。

今日も夕方、少し気温が下がってから川沿いの道を20キロほど走っただけなので夏ばてこそないものの体がなまってる。
やっぱ、だめだめです。

今日の走行データ、
行き(追い風)
走行距離:11km
時間:28分
時速:23.5km/h

帰り(向かい風)
走行距離:11km
時間:36分
時速:18.2km/h

行きは調子よかったんだけどなぁ、、(ちなみにマウンテンバイク HardRockでの出撃でした。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイヤ選び

サイドカットによるパンクでタイヤがだめになってしまったロードレーサーのタイヤ選びです。
方向性は多少荒れている道でも安心して走行できる耐パンク性能に優れたタイヤであること。

候補になるのはこんなところでしょうか

Vittoria RUBINO PRO TECH II  240g 「Mythril」サイドウォールでタイヤサイドも強化
SCHWALBE BLIZZARD SPORT 325g パンクチャープロテクションで耐パンク性能を向上
MAXXIS FUSE 220g ツーリング用のクリンチャータイヤ
Panaracer Tourer 250g ツーリングで安心して使えるアンチフラットケーシング採用タイヤ
Hutchinson QUARTZ 260g サイドに溝を設けた全天候型タイヤ

いろいろ考えた末、サイドウォールの強化に特徴のあるビットリアのルビノ プロテック2にすることにしました。
ビットリアのホームページのチャートでは今まで使っていたオープンコルサに比べるとTPIで2ランクダウンですが、その分ケーシングを構成する繊維も太くなって強度が増していると期待できます。さらにその上にミスリルという魔法の金属の名前をつけられた補強があるので楽しみです。

そんなわけで、今日は夕方少し日差しが弱くなってからマウンテンバイクでご近所をぽたぽたと散歩しただけで体がだれています。
早く秋にならないかな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱりタイヤはだめだった

昨日のロードレーサーのパンクしたタイヤはダメになっていたようです。
昨日は何とか10kmの距離を走って帰ってこられましたが、今朝タイヤを見ると空気が抜けてぺしゃんこでした。

タイヤの傷も広がっているようで裏まで貫通していました。
これでは高圧の空気が入っているチューブが変形して穴が開いてしまいますね。

後輪もよく注意してみると沢山の傷があって走行距離の割には消耗しているなぁという感じを受けました。
やっぱり、林道の親戚みたいな峠越えはロードレーサーにはいい条件じゃないようです。
走行距離750kmでの交換はいくらなんでも消耗が激しすぎるので、次のタイヤは耐久性を重視してみようと思います。

それから、全労済からマイカー共済の更新の案内が来ていました。
去年から加入していますが、加入の決め手は自動車賠償責任補償特約があることです。
年間1260円で対人対物1000万円の補償があるので死亡事故を起こさない限り大丈夫かなという感じがします。
自転車専用の保険って余り見かけないので、自動車の保険に特約がつけられるというのはありがたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パンクした

今日も暑さを避けて櫛田川沿いを走ってきました。
普段でも涼しいのに今日はあいにくの天気で途中何度か小雨に降られてとても涼しかったです。

今日もAnchorRFX8での出動でしたが、昨日の藤越で歯とびが気になったので出発前に調整をしてみました。
買ったときにもらったパーツの取扱説明書を片手に何度もいじっているうちに何とか歯とびやガリガリ音を撃退できました。

Imgp0201

写真の赤い矢印のつまみをクリクリと回しただけなんですが、何とかなるもんです。
このとき役に立ったのが箕浦の後輪ハブ軸固定式展示台です。
本格的なワークスタンドは嵩張るし値段も高いのですが、これは2000円以下と試しに買ってみてもいいかなという値段だったし、なによりも嵩張らないのがよさそうだったので買っておいたものです。
ハブ軸を固定するのでクランクを正転させながらチェーンやタイヤの掃除ができる点が重宝していましたが、ディレーラーの調整にも大活躍です。

ギアチェンジはスムーズで、小雨が涼しくて気持ちよいぐらいの感じで快調に飛ばして来ましたが、帰り道の橋の途中で大きな「パン!!」という破裂音とそれに続く「キューーーー」という空気の抜ける音で自体は一変
前輪がパンクです。

Imgp0197

チューブを抜き出す前からパンク箇所がわかりました。
タイヤにも大きな傷がついていました。
鋭利なものを引っ掛けてしまったようです。
チューブは直径1ミリほどの穴が開いていました。
とりあえずパッチ当てをして帰ってきましたが、タイヤも交換しなきゃならんようです。
結構痛い出費になりました。

現在ついているタイヤはVittoriaのOpenCorsa EVO CX 700x23なんですが、これが結構繊細なやつで私のように林道みたいな峠道を走ったりするのは勿体無いタイプなんです。
次のタイヤはどんなのにしようかな?
ランドナーとの違いを明確にするために今と同じようなタイプを選ぶのか、もう少し耐久性を重視するのか迷うところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

藤越

Imgp0145


本日は大紀町と度会町の間の藤越をAnchor RFX8で走ってきました。
多気から女鬼トンネルを越えて大台町に入り、田口大橋で宮川右岸に渡り県道伊勢大宮線、南島大宮大台線で木屋の集落に行き、大紀町側から険道渡会大宮線に入りました。
例のごとく行きは汗だく帰りは気分爽快の峠道なのですが、今回の渡会大宮線は藤越を過ぎると七洞岳に端を発した一之瀬川に沿った下り道が長く続くため爽快感が長続きします。
その分、上りは急勾配でかなりしんどいです。

今の時期は家族連れのキャンプや川原でのバーベキューが多く、途中何組も見かけました。

度会町側に降りても県道伊勢南島線は一之瀬川沿いに緩やかな下り勾配を基本にした快走路なので気持ちよく飛ばせます。
一之瀬川が宮川と合流するところで伊勢南島線から県道渡会玉城線に入りました。
下り勾配の距離が長かったためか峠越えにしては平均速度が高くなっていました。

走行距離:75km
平均速度:24.0km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一足お先に盆休み

うちの会社、なぜか今日から盆休み、来週の本ちゃんの盆休みは一斉年休取得のお休みだけど今日は休日扱いのお休みです。

そんなわけで一足お先に盆休みのサーフィンにいつもの国府の浜へ繰り出してきました。

流石に今日はすいている。それもそのはず金曜日でしかも波も臨時休業orz

子供が水遊びしているところよりもインサイドで波待ちなんてありえない~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

珍布峠

今日も朝っぱらから暑かった。
台風5号の波が期待できるのと夏休みということもあって伊勢国府の浜は早朝からすごい人込が予想できたので最初から海に行く気は起きなかった。案の定、9時の時点で松林のポイントだけで300人という激混雑になったのをi92surfで確認してから自転車の準備をしての出発で飯高方面を走ってきました。

台風が連れてきた湿った暑い空気の中、少しでも涼しいところを走りたいということで疎水沿いの木立の中を走るコースをとって去年も涼みに行った珍布峠(めずらしとうげ)を目指しました。

立梅用水に沿って走るコースは道幅が狭く自動車の通行が無いため山の斜面から染み出した湧き水が濡らした路面を蜻蛉がせせっていたり、鳥のさえずりが近くで聞こえたり自転車で走るには最高のロケーションです。

生辺から立梅の間の崖地帯以外は櫛田川の右岸を走り、宮前で櫛田川と国道166号線を渡り、珍布峠に続く道に入りました。
峠と言ってもそれほど高低差はなく、脇を流れる渓流や沢を落ちる滝を渡る風が寒いぐらいに冷たく、火照った体にはものすごく気持ち良いものでした。

Imgp0123


帰りは飯高道の駅でいつものシナモンロールを食べて、166号線で帰ってきました。
体を思いっきり動かした時の蜂蜜たっぷりの甘い菓子パンは最高

本日の走行距離:65km
平均時速:25.1km/h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の通勤

今日は朝から風が気持ちよかったのでロードレーサーで通勤しちゃいました。
真直ぐ走ったのではあっという間に到着なのでうんと遠回りして、帰りは更に遠回りして20kmほど

いつもロードに乗る時はビンディング付きのシューズをはいて乗っていますが、今日は通勤だったのでビンディングなしでした。ビンディングが無いと自転車との一体感は半減しますね。
下着も普段のものだったのでパッドが入っていなくてお尻が痛かったし、ロードに乗る時はそれなりの格好をしなくちゃ楽しさ半減です。

それに、会社の駐輪所においている間に傷を付けられないかひやひやしていました。

やっぱり通勤には通勤用の自転車の方が快適なようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プールでの事故からちょうど一年

埼玉県ふじみ野市の市営「ふじみ野市大井プール」で女児が給水口に吸引されて死亡した事故からちょうど一年が経ちました。

この一年の間にプールの安全が見直され文部科学省から各自治体に安全管理の徹底を求める「安全標準指針」が通知されました。

さすがに世間の注目を集めた事件を受けてまとめられた物だけに非常に細かな部分まで指針が作られています。これだけ高い要求水準を完全に満たせば過去に起こった事故はなかったでしょう。

しかし、ハードルが一気に上がりすぎて対応できないところも多いことだろうと思います。現に神奈川県の海老名市では監視体制が指針どおりに出来ないことから長年続けられてきた学校プールの開放を中止したそうです。

複数の監視員を置いたり、救急救護の資格を持っている人を確保したり、AED(自動体外式除細動器)を配備したりするのが望ましいとされれば、やらないわけにはいかないので、それならいっそプール自体を無くしてしまえという事になってしまいます。

実際に地方の小規模校では教員採用試験をクリアできる程度には泳げてもライフガードみたいに救急救命できるような職員が複数居るとは限らないでしょう。

幼稚園の水遊び場みたいなプールにもこの指針を当てはめるよう求めたら運用できるところは少数派になってしまうのではないでしょうか。

身近なところから水の大切さ、素晴らしさ、危険も併せ持っていることなどを体感して子供たちには育って欲しいので、管理が大変だからプールは使わないようにしようという風潮が生じないことを切に望みます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »