« ニューデミオインプレッション | Main | 台風4号と伊勢国府の浜 »

環境に悪い水

少し前のニュースになりますが米国カリフォルニア州サンフランシスコ市が行政庁で働く職員に対しペットボトル入りの水を購入することを禁止しました。

ペットボトルの製造、輸送、廃棄または回収、リサイクルにかかる環境負荷が大きいことから企業や他の自治体の手本となるべく7月1日からペットボトル禁止令を発効させました。

「女性のキレイをサポートするカルシウムなどの成分が豊富に含まれています。」

「○○泉のクラスターは47.4Hzという信じられないような数値です。」

「天然活性水素が含まれている」

「純度99.99%」

以上は楽天市場で売られているボトル入りの水の宣伝文句ですが、似非科学のオンパレードです。

カルシウムの塊の石灰を舐めたって女性がきれいになるわけでもないのにカルシウムが多く含まれているから良いとか、クラスターの単位が何時の間にか周波数で計れるようになっていたり、活性水素なる科学的な根拠のあいまいな定義を持ち出したり、0.01%も不純物が含まれているのがさも純粋のような言い方をしたりと水処理を専門にやっている身としては疑問符だらけですがド素人には受けちゃうんですね。

そんな効能があいまいなもの、水道水に対して明確に品質が良いとはいえないものが水道水の何百倍の値段で売られている。そしてその流通過程では水道水を供給するために必要なエネルギーの数十倍のエネルギーが浪費されているのはやはり問題です。

確かに一昔前の東京や大阪の水道水は異臭がしていましたが、名古屋や松阪、富山などは十分飲用に適していると考えます。

これからの暑い季節は水道水に氷を一つ浮かべるだけで見違えるほど美味しく飲むことが出来るので多くの人に実践していただいて、地球温暖化が少しでも抑制できるようにしたいものです。

|

« ニューデミオインプレッション | Main | 台風4号と伊勢国府の浜 »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 環境に悪い水:

« ニューデミオインプレッション | Main | 台風4号と伊勢国府の浜 »