« アメリカの自転車通勤事情 | Main | 海開き »

純水は美味しいか

久々にスプライトを飲みました。

子供の頃からコーラよりスプライトの方が好きだったのでよく飲んでいたはずなんですが、何時の間にか清涼飲料水自体飲まなくなっていたので本当に久しぶりです。

前は250mlの緑のビンだったのに何時の間にかペットボトルなんですね。

ラベルも随分と変わっていて見違えました。隣に並んでいたファンタのヘンテコな形のボトルもびっくりしました。

で、スプライトのラベルに気になる文字がありました。「純水使用」

飲料水なので原料に水を使うのは当然です。原料の水を処理して病原菌や雑味の元になる物質を取り除くのも普通行われていることだと思います。

それと処理の過程で純水と呼べるレベルまで処理するのは別問題だと思います。

本来純水は極限まで水以外の成分を取り除いたものです。

水を飲んだ時、爽やかに感じるのは水に溶け込んでいる空気があるからで、一度沸騰させた湯冷ましは空気が抜けているので気が抜けた味になります。

また適度にミネラルが含まれているほうが味があって美味しい水になります。

実際にいろんな所で超純水を飲んでみたことがありますが、どれも旨いものではありませんでした。

原料の水の水質がよければ緩速ろ過や逆浸透膜処理だけでも十分なはずです。一度純水にしてから炭酸や甘味料を入れるより工程が短くて省エネでモノが作れます。

一度純水にしてからでないと生産できない事情があるとすればあまり考えたく無い結論ばかり思い浮かびます。

素人目には純水って美味しいものに思えるのでしょうか?

|

« アメリカの自転車通勤事情 | Main | 海開き »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 純水は美味しいか:

« アメリカの自転車通勤事情 | Main | 海開き »