« April 2007 | Main | June 2007 »

プールの安全

昨年7月に起きた埼玉県ふじみ野市営プールでの小学生死亡事故を受けて事故防止の安全標準が作られましたが未だに基準が満たせていないプールが多くあるようです。

朝日新聞のインターネット版によると

「全国の国公私立の小中高校が設置している水泳プールのうち、吸水口や排水口のふたを固定していなかったり、吸い込み防止金具をつけていなかったりするなど、安全上の不備が1222校であることが、30日に結果が発表された文部科学省の調査でわかった。教育委員会が所管している公営プールも132施設で不備があった。いずれも今年の利用開始までに改善される予定という。 」

今から改善するって遅すぎでは無いでしょうか?

吸込み防止金具が未だに無いなんて怠慢も程々にして欲しいです。

今回はなぜ、こんな怠慢が起こっているのかを考えてみたいと思います。

吸込み防止金具についての法的基準を調べていくと愛知県は「愛知県プール条例」により「排水口には、堅固な金網、鉄格子等を二重に設けること」と明確に法的な基準がありましたが、その他の多くの自治体ではプールに関する条例や要綱が無い場合が多く、条例を制定している都道府県が5県、要綱を制定しているのが22県、要綱すらないのが20県となっていました。

また、監督官庁がどこかと言う点でも、学校のプールは文部科学省の「学校環境衛生の基準」、公園のプールは国土交通省の「都市公園技術基準」、民間のプールや地方自治体が設置する公共プールは設置場所の自治体の条例となっていて同じプールでも統一された基準と言うものが有りませんでした。

国の基準の方は、まだ通達が絶対の効力を持っていた時代の1996年5月20日付「通知」により、ふたの内側にも吸い込み防止金具を付ける二重の対策を取ることが指導されていました。

以上のように体系だった安全基準がなく何処の誰がどの様な基準で安全対策をするのか非常に分かりにくいものになっていることが分かります。

エキスポランドのジェットコースター事故についても同じことが言えると思いますが、守らなきゃいけない基準が何なのか分からないような安全基準では安全を確保できないのではないでしょうか。

工場設備の保守点検の基準とか防災設備の法定点検の内容とかを確認することが有りますが、該当する法律を読んでいくと「省令で定める、、、」とか「政令で定めるものをいう」とか「ナントカ法第○条の規定により」とか外部文章を延々と参照していかないと理解できない文章ばかりであることが分かりにくさの第一にあります。

また、法律や政令、省令ではあいまいな表現になっていて具体的な要求事項が分からず、本来効力が無いはずの通達に具体的なことが書いてあることが第二にあります。

工場設備の安全対策でよく行われている手法でフェールセーフ、フールプルーフというものが有りますが、「故障しても安全な方に作動して重大事故を起こさない。」「知識を持たない人が誤った扱いをしても事故を起こさないようにする。」という信頼性設計の基本的な考え方です。

現在の安全基準に関する法律等は信頼性設計の基本的な考えが全く取り入れられていないものと言えます。

法律の専門家ではないプールの設置者、管理者や遊園地の設置者、管理者が一冊のマニュアルを順番に読んでいけば安全な施設が設置、運用出来るような法体系にしない限り似たような事故が減らないように思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新作水着ゲット

先日オーダーをかけたSKINZの水着が届きました。

消印を見るとアメリカの東部時間で5月18日にフロリダを発送しているようです。

E-Mailで発送した旨の連絡があったのが日本時間の19日、それが23日に届いているということは間に土日を挟んでいることを考えるととても早いです。税関を通過するのはその日のうちって感じです。

今年の新作水着のゲットがまだな人はお早めに

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ギアが重い

今日は丸一日かけて50mkという超まったりペースのサイクリングでしたが、風が強くてなかなか前に進めませんでした。
まったりペースと言う事でだいたい19~24km/hぐらいのスピードで、逆風の時はだいたい15km/hぐらいで走ってきましたが微妙に変速がやりにくい。
もともとロードレーサーを入手する前に買った自転車なので気合を入れて走ることも視野に入れた設定にしていました。それが今になってみると微妙に重たすぎる感じがしています。
まったりペースでの走行と言う事でケイデンスを50で走ることを前提に本日の走行スピードで最適なギアの構成を考えてみると、やっぱり現状のフロント52丁は微妙に重たいようです。

グラフにしてみました。

003

理想としてはチェンリングが48-39-30が良さそうだということになりましたが、現実に合いそうなチェンリングでは48丁がないので50-39-30の2007年モデルのTIAGRAが良さそうな感じです。
しかし、なんで2006年モデルは52-42-30なんだ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

麦秋

Img024
麦秋の金色の麦畑
まったり走るには最高のロケーションだが風強すぎ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラーメン

Img023
一志亭で腹ごしらえ
逆風を突いて帰還するためにはエネルギーの補給が必要であります。
特製ラーメン、卵とネギがウマーーー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お木曳き

Img022
御木曳きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二軒茶屋

Img019
鮎の塩焼きと神都麦酒
うまい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

内宮

Img018_1

内宮も人出が多いです。
これからもっと人大杉なおかげ横丁へ出撃するであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外宮

Img017

外宮は御木曳きで大賑わいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車が売れない

「国内で車売れない危機打開策 トヨタ本気でアイデア募集」という記事が配信されていた。
なんでも北米や欧州では大幅に販売台数を伸ばしているが、国内では減少しているらしい。
トヨタ自動車だけに限らず日本国内の自動車マーケット自体が縮小していると言うことに危機感を募らせているらしく社内横断的なチームを立ち上げ、国内低迷脱却のアイデアを懸命に探り始めたようだ。

しかし、普通に考えれば日本国内の自動車販売台数が増えなくても全然不思議ではない。
東証一部上場の会社だけを見ていれば景気が回復しているように見えるが、中小企業は大企業の過去最高益を出すために利益の出ない仕事を請けているし、正社員はベアこそ無いに等しいもののボーナスは過去最高水準のレベルにあるが非正規雇用は増加の一方で偽装請負の人たちの給料は上がるどころか下がっているんじゃないかと言う有様では車を買いたくても買えない人が多いんじゃないのかな?

いっそ、発想を転換してレクサスブランドで自転車作ってみる?>トヨタさん
環境問題に先進的に取り組んでいるイメージ作りでもトップレベルのトヨタだけど、自動車をやめて自転車を使おうとは言わないところが自転車に乗る人間から見ると欺瞞に見えてしまう。
自動車同士の比較で1割や3割燃費がよくなったところで自動車を使う限り化石燃料を消費し地球温暖化ガスを放出することには変わりなく、人間一人70kgを移動させるのに1300kgもある鉄の塊もついでに移動させなくてはならないシステムに依存している限り地球温暖化は食い止められそうにない。
イメージだけでない『「地球にフレンドリーな技術で地球再生を牽引する」企業』になるために必要なことは何か
分かっていても自動車を売るためにはなりふり構わずなんだろうなぁ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

はまぐり

今日の晩酌はハマグリの酒蒸

Imgp3034_1

ギザウマシス、

やっぱり春の香りだよね。

フライパンに洗った蛤を並べて、口が開くまで熱しただけの簡単料理なのにウマウマのスープがどっさりのジューシーな貝の身がプリプリの酒蒸になっちゃうんですよ。

今日はあいにくの雨で肌寒かったのでもう一品は久しぶりの湯豆腐でした。

初夏の海の香りと冬の名残と言う感じで春が冬と夏の間を行ったり来たりしながら春らしさを感じる季節と言うのを再確認した晩酌でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日は休養

昨日は調子に乗って気合を入れ過ぎたカナ?
今朝起きたら腰が痛くて、トホホ

というわけで、今日はスポーツな遊びはお休みにして温泉でも行ってくるかな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タケノコの売り方

今日サイクリングに行った飯高道の駅でも近所の方が掘ったと見られるタケノコが売られていました。

50cmはあろうかという巨大なタケノコで、幾らなんでも育ちすぎと言う感じがしましたが150円という安さにもかかわらず売れていませんでした。

僕の視点では育ちすぎと言う点が引っかかったのですが、一緒に眺めていたご婦人の意見はアク抜き用の糠がオマケに付いていないということでした。

スーパーなどではアク抜き用の糠がオマケに付いていることがあるらしいです。

掘った農家の方は糠なんて買うほどのものではないし、家に糠が無いということも想像できないことかもしれませんが、タケノコを買おうかと迷っている人にはアク抜き用の糠をどう入手するかが意外に大きな難問になっているようです。

ヌカを一掴みづつ小分けにしたものをオマケに付けるだけで売れ行きが全然違うんじゃないかと思います。

しかし、産直でタケノコを出品するようなおばちゃんはオイラのblogを目にする機会なんてきっと無いんだろうなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つつじの里荒滝キャンプ場

今日はいつもの飯高道の駅よりちょっと足を伸ばして「つつじの里荒滝キャンプ場」まで行ってきました。 70km程度とそんなに距離は無いけれど山に向かって走るのは足に来ますね。

Imgp3023 1月27日のエントリで撮った所と同じ枝のスギ花粉の状況です。 私の願望のせいか花粉が飛び散りきって残り滓だけになっているような気がするのですが気のせいでしょうか? まだ本調子ではありませんが花粉症の症状が和らいできているので間違いないと思います。

Imgp3024 車の喧騒を避けて櫛田川の右岸の県道を走りましたが、こんな感じで車の往来も地元の軽トラックが時々通るぐらいでサイクリングにはとても良い感じの木陰道です。

Imgp3026櫛田川右岸の県道は今年の春先まで崖崩れのため一部が通行止めになっていましたが、今日は既に開通していて真新しい防護壁の脇を通ってきました。 山の中の木陰の道を抜けるといきなりこのような巨大な構造物が現れて驚かされます。

Imgp3027驚いて上ばかり見ていると、足元にはこんなものが、、、、、 油断できないですね。


Imgp3029目指したつつじの里は既に盛りの時期を過ぎ遠目には咲いているのですが、近づくとしろれかけていました。 きみまろのLUMIXのCMじゃないけれど近付かないで咲き誇っている様子を写してさようならです。 けっこう、賑わっていてつつじの下でのんびりとしている方も大勢居ましたが、中途半端に体が冷えちゃうとまた走りだすのが辛いので速攻で折り返しです。

Imgp3030Imgp3032



今回走ったコース全般は伊勢茶の生産地でちょうど一番茶の摘み取り前だったようでどこまでも茶の新芽の鮮やかな緑が続いていました。

道の駅飯高でも伊勢茶の販売をしていて、親のお手伝いか小学生の可愛いお嬢さんが試飲のお茶を配っていました。 渋みがあって香りが甘くて旨いお茶でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜ画像が縦なんだ

昨日の投稿はW-ZERO[ES]でしたものですが、折角の画像が縦になっています。

浜辺の開放感が出るように横位置で撮影したのに残念。

登録時の設定で何とかできるものかマニュアルを読み直すこととします。でも、マニュアルって分厚くて肝心のことに限って書いていないことが多いから過度の期待をせずに気長に眺めようかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国府の浜

Img010
午後3時半そろそろ上げ潮で波が出てくるといいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

讃岐うどん排水

排水処理設備を専門にやっている身としては、やっとニュースになったのかと言う気がしますが讃岐うどんのお店の排水が未処理のまま河川等に排水されている問題が四国新聞社で取り上げられていました。

もともと水俣病やイタイタイ病などの公害病事件を経て作られた公害対策基本法やそれを発展させた形の環境基本法は工業をしている工場の排水を意識したものでした。

しかし、工業製品の性能の一つとして環境性能がみなされたり、企業のCSRへの取り組みが選択基準のひとつとして認識されている現在はどの工場でも国の一律基準以上の厳しい自主基準を定めて環境負荷の低減をしています。

現在の環境へ排出される汚濁負荷の大きな部分は家庭生活によるものや農業によるものが占めるようになってきています。

今回の讃岐うどんの件も零細なところがやっているからと見逃されてきたわけですが、汚濁負荷の側面からは決して零細な業者とは言えないものになっています。

汚濁負荷の量をCODで比べてみるとうどん屋って非常に大きなものがあることが分かります。

東芝グループ全体 2005年度  327ton/年 (東芝ホームページより)

松下 新井工場  2005年 取水量 4,567千ton/年 循環的利用量1,417,196ton/年 COD実績最大値11mg/L(新井工場サイトレポートより)排水量が公開されていないので大雑把に2/3が空調冷却用として計算すると4,567*2/3*11/1000=33.5ton-COD/年

うどん屋の排水量を10ton/日と仮定する。COD平均1300mg/L(四国新聞より) 10*365*1,300/1000000=4.7ton-COD/年 

東芝グループや松下の半導体の主力工場と零細のうどん屋を比べるのも何か気が引けますがうどん屋10軒で巨大な半導体工場より汚濁負荷が大きくなるというのでは規制が無い方がおかしいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱりランドナーは良いよ

昨日は久しぶりに自転車で遊んだわけだけど、選んだのはDAVOS。
久しぶりに乗るのにいきなりジャージ、レーパンのフル装備でガンガン峠を走りに行くのも無謀なんで、ランドナーでゆるゆると走ってきました。

ちょうど近所の田んぼは田植えの盛りで、頼りない苗が風に揺られていました。
また、多気町の名産品の柿の樹も鮮やかな黄緑色の新芽が出ていて綺麗でした。

のどかな風景を眺めながら走るって、やっぱりランドナーが良いですね。
ロードレーサーじゃなんか速く走らなきゃいけないような気がしちゃって、のんびりとしたい気分じゃない。
マウンテンバイクは山を下るもので、平らな道を走っても面白くない。
昔ながらのサイクリング車って今や絶滅の危機に瀕しているけど、のんびりと風景を楽しみながら走るには最高のアイテムだと思います。

DAVOSを買った時、シフターはSTIでリリースが下ハンドルを握っている時でも扱えるものということと、フロントトリプル、ブレーキレバーはエイドアーム付、ペダルはビンディング付でスニーカーでも快適なことなどと色々注文をつけてかなりのパーツを付け替えてもらった仕様になりました。
そして、色々探した挙句良いのが見つからなくて自作してしまったフロントバックと相当凝ったつもりでした。
ところが、最近見つけた自転車で当時の望みどおりの自転車が完成車で新発売されていました。
我が愛車DAVOSのスポルティーフは廃盤になり、カラーラインナップが大幅縮小でランドナーのみなってしまったご時勢にこの手の自転車を新作として出してくるとはありがたいことです。
その自転車はテスタッチのディアブロ

流石にフレームサイズの展開を幅広く取れないためか、フレームがスローピングですけど、鋲付の革サドルやレザータイプのバーテープなど良い雰囲気で高級感があります。
ガード付の42T×28Tというチェンリングもゆるゆると走るにはぴったりかと思います。(私のDAVOSの52Tは踏み込むのに気合が必要です。)
TESTACH Diablo Dropよ、私が定年になったらDAVOSの後継機に買いたいのでそれまで絶版にならずにがんばって生き残ってくれ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はスポーツジム

今朝は激しい雨音で起こされました。

三重県地方の午前中は結構まとまった雨でした。

午後からは小降りになったもののサーフィンは諦めて近所のスポーツジムで泳いできました。

メーデーでうちの会社はお休みだったものの、中小企業など多くの会社は普通の出勤日だったようでスポーツジムは閑散としていて一人一コース独り占めできました。

ゆったり泳げて気分良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »