« September 2006 | Main | November 2006 »

DAVOSの手術

相変わらずのんびりとした販売元の対応になかなか手術の方針が決まりません。
とりあえず部分的に塗装をし直すと言うのはなくなりましたが全塗装かタッチアップかは決まりません。
金銭感覚の麻痺した相手なだけに値段が決まる前に依頼を決めるわけにも行かず、見積もりが出てくるのを待つのももどかしいといった微妙な状況です。
タッチアップと言うだけなら最初から出入りの業者さんに頼んでも良かった気がする今日この頃

憂さ晴らしに新車でも買うかなぁ

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウイスキーを飲みたい気分

何となくインターネットでニュースを眺めていたら竹鶴政孝の名前が目に留まった。
竹鶴政孝、飲兵衛なら自分が薀蓄を語るためや薀蓄好きに付き合わされて何度も耳にした名前だと思う、とにかく日本のウイスキーを語る上で避けては通れない日本のウイスキーの父の名前があったのだ。

竹鶴政孝の伝記については色々な本で読むことが出来るので今更な感じではあるがついつい引き込まれるようにして朝日新聞の旅行記事を読んでしまった。
短い記事なので紹介されているエピソードは他のところでも紹介されているものが多いが最後の部分で思いがけないことが紹介されていた。

----引用-----
 1月17日朝7時、工藤光家さん(81)は突然、政孝に呼ばれた。ニッカの若手社員だった工藤さんは竹鶴家を手伝うことが多く、リタを母のように慕っていた。

 「リタが、こうなってしまったよ」。政孝にみとられて、リタは静かに息を引き取っていた。

 号泣する工藤さんの横で、しばらく泣いた政孝は「工藤、もう泣くな。すまないが、あとを頼む」と自室にこもった。葬儀の相談にも出てこない。「社長は泣いていらっしゃいました」。竹鶴家の手伝いをしていた礒田幸子さん(65)は、そう振り返る。

 葬儀が終わり玄関を出ようとしたひつぎを、政孝は何度も何度もなでた。

 政孝と威さんは翌年、悲しみを振り払うようにして「スーパーニッカ」を完成させた。これが当たり、ニッカの経営は軌道に乗った。

 余市産の上質の原酒だけをブレンドした、まるで政孝とリタの40年間の集大成のようなウイスキーだった。
----引用-----

以前、未だインターネットが普及する前、パソコン通信のNIFTY-Serveのオフでニッカの宮城峡を見学したことがある。
日曜日にもかかわらずシスオペが口利きをしてくれていたため一般の見学者とは別に案内をしていただいた。
そのためにわざわざ休日出勤していただいたのが当時サービス会社の社長をされていた工藤さんでした。
宮城峡の地を選んだ時のエピソードなどを紹介していただいたお話がとてもリアルというか当時の熱い思いをそのまま話されていたのを15年ぐらい経った今も覚えています。
今回この記事を読んで久しぶりにウイスキーが呑みたくなった。
ニッカの皆さん、美味しいウイスキーと美しい物語をありがとう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シングルトラック

今日は近所の山を走ってきました。
金剛座寺の参道、裏参道を右回りに行くコースです。

右回りのコースだと天啓公園から配水場までの坂(平均斜度6.7%、750m)でいい加減しんどいので、配水場から金剛座寺までの坂(平均斜度17%、350m)はひたすら押して登ります。
Imgp2452


登りきると尾根伝いのシングルトラックの下り道です。
こがなくてもあっという間に猛スピードが出るのでひたすらブレーキを調整しながらコーナーを曲がりきれるようにスピードを落とします。
Imgp2453

登るときは大変だけど、下りはあっという間に終わってしまいます。
楽しい時間は短い(笑)


人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりのヒレ酒

リピートオーダーをしていたヒレ酒用のトラフグのヒレが届いたので早速今晩の晩酌はヒレ酒でした。
まだ熱燗で体が温まると暑いので窓全開で扇風機を回してという季節感の無い部屋でいただいたのですが、温かいお酒はほっとする美味しさがありますね。
使ったお酒は白鶴の「まる」です。
熱燗にしてもわりと大丈夫なお酒ですが、ヒレ酒にはもう少し酸のある味の濃いお酒の方がヒレの香りに負けなくて良いように思います。
ねのひ」か「国盛」の熱燗用のを探してこなくちゃって感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自転車の入院

チェーンステーに大きな擦り傷を作ってしまったフランボンブルーDAVOSですが入院の最初の一週間は修理方法の検討待ちでお店の片隅にひっそりと置かれたままでした。
下地まで取れてしまったのでタッチアップだけでは直り切らないようです。
一旦全ての塗装を剥離しての全塗装がベスト、値段次第ではチェーンステーだけを全塗装か、擦り傷部分だけのタッチアップというふうに幾つかの方法が考えられますが肝心の深谷産業がいつもの調子なんでことが遅々としてなかなか前に進みません。

アンカーのカタログも未だ入荷していなかったみたいだしマダマダ待たねばならないようです。

DAVOSを買った店の帰りに別の店でコルナゴの入荷状況を聞いてきたけどCLXは1月ゴロに入るかなぁと言うことでした。
1月までじっくりと悩むこととします。


人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コルナゴ

2007年モデルの自転車を探していたらあのコルナゴからすごい魅力的なバイクが出るらしいことがわかりました。
COLNAGO CLXっていうらしいのですが、なんとフルカーボンで105仕様が35万4900円って破格のお買い得商品です。
単体で31万2900円もするコルナゴらしい凝った塗装が美しいカーボンフレームなのにプラス4万2千円で105を搭載した完成車になってしまうなんて凄すぎる。

コルナゴといえば車で言えばフェラーリみたいなもの、超の付くスーパープレミアムな存在がこんな魅力的な価格をつけてくるなんて何かの間違いじゃないでしょうか。
迷うなぁ

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またジャージを買った

先日の御杖村までのサイクリングは前回買ったパールイズミのUVロングスリーブジャージでした。
↓これの黄色と青のやつ

パールイズミ UVロングスリーブジャージ


まだ日の高い日中は暑いぐらいで汗だくでしたが帰路の仁柿峠は鬱蒼とした木々の中を延々と猛スピードで下るだけなので風が肌寒く「上着が欲しい」と思えちゃいました。
一応、ウインドブレーカーも持っていますが、秋冬物のジャージも欲しくなったのでオーダーしちゃいました。
↓これの色違いの青いやつ

パールイズミ ハザードジャージ

新作発表早々に在庫僅少だったので心配していましたが在庫が有ったようです。
ゲットできてラッキー v(^^)
前はTシャツなど普通の服で走っていましたが、一度専用のジャージで走っちゃうと汗の吸収や蒸れないことなど全然快適さが違うのでジャージを買いまくっております。

今放送中のテレビ東京系のワールドビジネスサテライトで通信販売が好調で宅急便業者が忙しいとやっていますが、私も相当貢献しているみたいです。


人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

謎のゴムキャップ

2週間ほど前伊勢に御餅三昧をしに行った折、帰りの道でダイナモを使ったらタイヤが削れたという記事を書きましたが、よーく昔のことを思い返してみるとぴったりのアイテムを使っていました。
中学生のときに買ったブリジストンのユーラシアもダイナモ式のライトだったのですが、カラフルなゴム製のキャップをローラー部にかぶせていました。
先日、DAVOSの入院のときに自転車屋に探しておくように頼んできましたが、意外にこういった部品を探すのが大変なんですよね。
googleで「ダイナモ ゴムキャップ」で探してもなかなかそのものずばりのものが出てきません。
正式名称も不明なんで地道に探してみます。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酒は止めたはずだけど

やっぱり飲んでしまいます。
量も回数も減ったけど、そこらじゅうが痒いのは収まったのでぼちぼち飲み始めました。

痒いのが出たときは暑い盛りだったけど、最近はめっきり涼しくなったので燗をつけたお酒が美味しいですね。
今年の2月ゴロにはまっていたヒレ酒用のふぐのヒレをリピートオーダーしちゃいました。

とらふぐひれ酒  [ ヒレのみ ]22~24枚入り。※送料全国一律 140円・代引手数料350円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07年モデル

昨日のショックな出来事でもう一台軽量な自転車が欲しい気持ちが大きくなっちゃっています。
今のところ候補はアンカーのRFXと深谷のGHISALLO、ピナレロのF3:13、キャノンデールのシナプスカーボンSL3
、GIOSのGRESSアルテグラ、FELTのZ25

20万円から30万円のカーボンフレームであまり競技用モデルじゃない雰囲気のものが希望

今のところアンカーのRFX8Eliteが最有力です。
特に今年のモデルからはカラーリングが選べるらしいので期待しています。
カーボンフレームと言うと高級素材を使っていますよーーーと見せるためかクリア仕上げでこれ見よがしに素材を見せているためドレもコレも黒尽くめで綺麗じゃない
フルカーボンで塗装が綺麗なのって意外に少ないです。
先に挙げた候補の中でもRFX8以外でカラー塗装されているのはF3:13とGRESSぐらいであまり色の選択肢が無いのが難点です。

買える店と言うのも意外に重要なポイントでRFX8の場合はDAVOSが入院している先でも扱っているので購入先を探す手間も無いし、それに1ヶ月ぐらい前からカタログを請求しているので情報が集めやすい。
ピナレロもGIOSも扱っている店は知っているけど出来れば何時も行っている店で買ったほうが後々安心なんでこの点でもRFX8には大きなアドバンテージですね。

そのほか細かいオプションが色々選べるのも魅力です。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

浮気がばれた

本日はくっきりと秋晴れで風も無く穏やかなサイクリング日和だったので伊勢国府の浜のライブカメラもチェックせずに自転車の準備をして仁柿峠を攻めて来ました。 最初は九十九折の仁柿峠を登り美杉道の駅で折り返そうかと思いながら走り始めたのですが、仁柿峠に入ったところでフロントをインナーに変速しようとしたところでチェーンが外れチェーンがフレームとギアの間に挟まってしまい今度は外れなくなってしまいました・ なんとか格闘して外しましたがフレームに大きな傷が付いてしまいました。

Imgp2398

浮気がばれたのでしょうか? 12日のエントリでビアンキのアンコラが気になると書いたばかりにDAVOSの機嫌が悪かったようです。

傷は塗装を全部剥がして金属の地肌が露出してしまっているのでしっかりと塗装しなおさないと錆びは避けられなさそう。
しばらく入院して直さないと駄目そうなんで予定を変更してもう少し遠くまで走ることにしました。

最初の予定地の美杉道の駅でソフトクリームで一服して次の難関飼坂峠を越えました。
峠自体はトンネルなんですけどトンネルを越えた下り坂が長くて走りやすかった。
ここで本日の最高速度69km/hを記録。
下るときは天国だけど帰りは軽く死ねましたよorz



峠を下りきるとこんな看板に出会いました。



Imgp2421



仁柿峠、飼坂峠ともに国道368号線として道路標示されていますが、実際には369号線と重複区間なんです。
奈良県内で368と369は別の道になりますが三重県内は同じルートを通るので369号の標識のないまま資料の上だけ松阪まで369号が有ることになっている幻の道です。
看板を見つけた伊勢奥津のあたりは422号線も重複になっているのでこんな表示になっていました。
図らずもオニギリゲット、、だけどオニギリゲットなら串に刺さっているやつが良いですぅ
ということで更に走ることにしました。



Imgp2419

奈良県との境目辺りで見つけた捨てられたオニギリ 国道のバイパス工事のため引き抜かれて捨てられていました。 オニギリを粗末にするなんて罰が当たるよ



Imgp2410

奈良県との境目辺りの368&369はこんな感じの酷道で車一台がやっと通れます。 これを車同士がすれ違うことの出来る道に付け替え工事が所々で行われています。



Imgp2415

御杖村の道の駅の近くで369のオニギリをゲットして帰路に着いたのでした。

走行距離:83.7km
平均速度:20.2km/h

上り坂を登った思い出ばかりのコースですが意外に速かったです。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風18号

今週始めの3連休はとんでもない強風の日々で海に行く気にもなれず、自転車で走る気にもなれずに部屋の中でウダウダしていたけれど、今度の週末は沖合いに台風、伊勢の辺りは綺麗な秋晴れになりそうでかなり期待しちゃいます。

もう少し台風が北にあると国府の浜に良い波が来そうな期待が増すけど、あまり欲張ってもね。

小波で良いからコンスタントに遊べる波をちょうだい>台風の神様

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ANCORA(アンコラ)

この時期は自転車の新作が続々と発表されるので新しい自転車が気になる時期です。
去年までの私のように一台の自転車を永く愛用していると新作が発表されてもあまりに気なら無いのですが、今年新調したばかりだと次の年のモデルでどんな風に変わったか気になるところです。

幸か不幸か私のDAVOSはラグが無くて受注を受けていないらしいので気にしようがありませんが、似たようなジャンルの自転車が出ているとつい見てしまいます。

今日見つけたのは、ビアンキのアンコラ

2007年のニューモデルですが、25年前のニューモデルといわれても納得できてしまうようなクラシックな雰囲気のモデルです。
ジャンルはスポルティーフ、クロモリの細身のフレームでリアホイールとシートピーラーの間が開いていてちゃんと泥除けが入ります。いや、今時の自転車には珍しく最初から泥除けが装備されています。
ステムもアヘッドじゃなくて懐かしいステムだし、ドロップバーも懐かしい感じです。
ディレーラーがTIAGRAでサドルがBROOKSとバリバリのスポーツモデルとも床の間ランドナーとも一線を画しつつ微妙なポジショニングをしっかりと確立しているように思います。
少年時代にロードマンが全盛だった世代のオヤジがもう一度サイクリングに復帰するのにちょうど良い一台だなぁと、DAVOSスポルティーフを持っていなかったら欲しくなるモデルです。

2007モデルANCORA(アンコラ)BIANCHI(ビアンキ)カラー:チェレステ


人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝、ドラゴンズ

祝、ドラゴンズセリーグ制覇

名古屋に生まれ育った身としては何はさておき目出度いです。
祝杯をあげちゃいます。

物心付いたときから中日球場(ナゴヤ球場や名古屋ドームではない)のライトスタンドに連れて行かれていたんだから仕方が無い。
理屈じゃなくて、野球が得意じゃなくても、仕事が忙しくても、ドラゴンズが優勝すれば嬉しいもんです。


ドラゴンズファンの親父には瑞泉の「青龍」を2本贈ります。
日本一になるようにシリーズまでに二本開けちゃうかな?

ちなみに瑞泉は泡盛で30度とアルコール度数が高いですが、その分香りが高くちびちび飲んで幸せになれるお酒です。
僕のお勧めはストレートかオンザロック。
名前の通り青い龍が真っ青な秋空に昇っていくような気分にさせてくれるお酒です。
泡盛 瑞泉[ずいせん] 青龍 古酒 30度 1800ml

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジテツー

今日は降られてしまいました。
天気の良い日は会社までスペシャライズドのHardRockProで走っています。
今朝は微妙な模様で躊躇はしたんですがジテツーしてしまいました。

それが裏目に出て帰りに激しく降られちゃいました。
HardRockを買ってから初めて雨合羽を着て乗りましたが、意外に走りやすかったです。
ブロックパターンのタイヤは流石にグリップが良くてスリップの気配も無く、ディスクブレーキは水が入って少々鳴くことが有っても滑ることなく思い通りに効いてくれるので水溜りで水飛沫を上げないように減速するぐらいの配慮で普通に走れました。

でも、好き好んでは雨の中を走りたくはないですね。

人気blogランキングへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »