« 名古屋のプールも臨時休業 | Main | 和歌山別街道 »

水泳大会で飛込み禁止

山陽新聞によると岡山県内の学童水泳記録会でスタート時の飛込みが今年から禁止されたそうだ。

プールの底で頭を打つなどの事故が多く死亡例も17年間に7例あるなど安全性に問題があるのが飛込み禁止の理由らしい。

確かに小学校のプールなどに見られる水深90cmのプールでは失敗すれば頭を打ちかねない。

また、今時の子供は親や教師の言うことをあまり聴かない。私語が多く授業が成立し無いという教師の嘆きを聞く機会も多々ある。そんな状況で危険と隣り合わせのことを正しく習得させるのは極めて困難だろう。

しかし、小さいころに正しい泳ぎをちゃんと覚えなくても良いのだろうか。

水泳はそれぞれの体力に応じて適度な負荷が得られ、膝関節や腰に過度の負担を集中させないため高齢者にも最適なスポーツです。医療費抑制、国民の健康増進のためにも水泳の普及は欠かせないと思うのだが、入り口の部分でちゃんと覚えないと普及はままならないだろう。

泳ぐだけなら飛込みを覚える必要もないといわれるかもしれないが、泳ぐからには競技会で競ったりタイムを計ったりするのは楽しいし、その時には北島康介選手やイアン・ソープ選手になった気分で思いっきり飛び込んでスタートしたいじゃないですか。

一般開放している施設ではぶつかる恐れが大きく飛び込みは禁止されていることが殆どです。学校のプールのようなところでしか飛込みを覚える機会は無いのに禁止されてしまってはスイミングスクールに通う一部の子だけしか飛込みをする機会がなくなってしまいます。

飛込み禁止ではない方法で安全確保を考えて欲しいものです。

|

« 名古屋のプールも臨時休業 | Main | 和歌山別街道 »

Comments

初めてのコメントです。飛び込みは確かに考えてもらいたいです。僕も水泳をやっていますが、飛込みがあまり得意じゃないんです。かといって近くの市民プールで練習ができるわけでもない。そしたらやはり飛び込みができるのはクラブに通っているひとだけになりますね。ちなみに僕は通っていますが。僕も一応ブログをやっています。ぜひきてください。http://tama-chan-suiei.cocolog-nifty.com/blog/アドレスです。

Posted by: たまちゃん | August 15, 2006 at 09:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89446/11287163

Listed below are links to weblogs that reference 水泳大会で飛込み禁止:

« 名古屋のプールも臨時休業 | Main | 和歌山別街道 »