« 朝っぱらからの混雑 | Main | 真田山プール »

サーフパンツへのこだわり

昨日はスプリングのウエットスーツで入りましたが、そろそろ水着にタッパーの人も見かけるようになりました。
何時も思うのですけれど、インナー付きのサーフパンツって水に入るとウエストの部分に空気が入ってもこもこっとして格好悪いと思いませんか?
空気がなかなか抜けなくてお尻がでかくなったような姿になっていたり、水の中で空気がプクプクと出てきてオナラしているみたいだったりとどこをどう考えてもいい姿ではありません。

それにもかかわらず市販されている男性用の水着の殆どはインナー付きのサーフパンツなんですよね。

24日のblogで着衣水泳のことを紹介していますが、体に密着しないサーフパンツをはいて泳ぐって言うのは着衣水泳と同じで非常に身動きをとりにくい楽しくない行為だと思います。
プールで泳ぐときは体に密着した水着が動きやすくて一番合っていると思います。

こういったブーメランと呼ばれるようなバリバリの競泳用は似合う体型が逆三角形の鍛え上げた体に限られるので敬遠されがちですが、競泳の練習用水着にはショートボックス型の泳ぎやすくてそれほど着る人の体型を選ばないものもあります。

プールではビキニタイプのものを何時も愛用していますが、サーフィンのときは怪我防止のためサーフパンツを使っています。
ボードにまたがって波待ちしているときに太ももの裏が結構すれるので膝丈のものが欲しいです。
でも、インナーつきは空気が入って不恰好なのでインナーの付いていないのを何時も探しています。
インナーが付いていなくて、濡れても足にまとわりつきにくい加工がしてあるものが望ましいです。
ただ、サーフパンツでインナー無しって探すのが大変なんですよね。
特に安いのは必ずと言っていいほどインナー付です。
だって、安いのを求めている人にインナーは別に用意しなくちゃいけないとなると選んでもらえないから。
こだわり派の私はインナーパンツの付いていないのを探して買っています。

インナーが付いていないサーフパンツに欠かせないのがSKINZのビキニ。
SKINZのビキニタイプの水着をインナー代わりに愛用しています。
競泳用のビキニと違って腰のところの紐が無いのでインナー代わりにはいてもかさばらないです。
動きやすくてお勧めですよ。

カットや柄が独特で渋い!メンズサーフパンツ

|

« 朝っぱらからの混雑 | Main | 真田山プール »

Comments

こんにちは。
「プールと水着の掲示板」上で「初心者」の名でSKINZの通販についていろいろ教えていただいた者です。

僕自身、内陸在住でなかなか海に行く機会が少ないですが、確かに、普通に売られているサーフパンツはたいていインナーが縫い付けられているものが多いので、どうしても水に入るとお尻のあたりが「浮き袋」のようになってあまり格好が付かないです。僕の場合は月に何回かジムのプールに通っているのですが、そのときにはARENAのロングスパッツタイプのフィットネス水着を着ます。

ただ、自分の場合なら、もう「なんでもあり」で、先日入手したSKINZのビキニは(裏地が付いていても)ほとんど下着感覚で使っているし(残念ながらとても人前でビキニが似合うような「鍛え上げた体」でないもので・・・苦笑)、インナーなしのサーフパンツをトランクス代わりに部屋着として使うこともあり・・・と、その日の気分や場所によって使い分けているような感じです。

Posted by: yasu | June 28, 2006 at 12:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89446/10690532

Listed below are links to weblogs that reference サーフパンツへのこだわり:

« 朝っぱらからの混雑 | Main | 真田山プール »