« January 2006 | Main | March 2006 »

むかご

今日の肴は青森県産の「むかご」の塩炒り
近所のスーパーで片手で一掴みぐらいのが198円で売られていたのでついつい買っちゃいました。
自然薯は高いし、とろろに擂るのが大変なので実家に帰ったときぐらいしかしないのですが、むかごは随分とお手軽で一人の晩酌には重宝です。
一つまみをざるに入れて水の中でシャカシャカとかき混ぜて洗い、フライパンで塩を振って乾煎りするだけでホクホクの食感とふんわりとした土の香りが楽しめます。

一昨日から花粉症の症状がひどくて鼻の調子がいまいちなのが残念ですが、素朴な香りのシンプルな肴にチョッと燗をつけたお酒をいただくのが、春とはいえまだまだ肌寒いこの季節にはぴったりだと思います。

春といえば土筆、
土筆の卵とじは私の最も好きな早春の楽しみ、そろそろ暖かい地方から土筆の便りが聞こえてくるので、三重県でも近いうちに土筆摘みができそうで今から楽しみです。
土筆は花粉症にも効くという話も有るので早く摘めることを期待しています。

ちなみに私のツクシ料理は、
採ってきたつくしのハカマを取って軽く水洗いをする。
たっぷりのお湯でさっと湯通しをする。
ごま油を小さじ程度熱して、そこに湯通ししたツクシの水気をきっちりと絞ってから入れる。
チョッと醤油をたらして味付けしたところに軽く溶いた卵をかけて固まったら出来上がり。

気分によっては、ニンジンの拍子切りを入れたり、醤油の代わりにつゆの素を使ったり色々とバリエーションを取ってます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

自転車買いました。

ついにオーダーしちゃいました。
深谷産業のDAVOSのスポルティーフです。
納期は6週間、ゴールデンウィーク前には届きそうです。
今から楽しみですよ。

メーカーのホームページに掲載されているのは標準のSORA仕様のですが、ちょっとわがままを言ってTIAGRA仕様でフロント3段にしてもらいます。
ペダルも懐かしのトゥクリップじゃなくて、片面SPD片面フラットなビンディングにもスニーカーにも対応できるペダルにします。

泥除けがちゃんとついて水溜りがあってもへっちゃら、リーチの深いドロップハンドルでいろんな乗車姿勢が取れるので長距離乗っても疲れない、こんな特徴を持ったランドナーはもっと見直されてもいいと思うんだけど、今じゃほんの一握りのマニア向けになっちゃったみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自転車をしつこく探す

2月6日のblogで書いたとおり東京サンエスのカタログを見ていたら、TESTACHのALLEYが欲しくなっちゃいました。
それでお店に行ってフルフェンダーが付けられるか確認してもらったのですが、残念ながらフロントホークとボトムブラケットに座が無くてフルフェンダーは付かないということになりました。
残念。

ということで、玉数が無いのを承知でランドナー探しに転じました。
私の同年代ぐらいが中学生の頃がランドナーの全盛期だったでしょうか。
ブリヂストンのユーラシア、丸石のエンペラー、日米富士のオリンピック、丸紅山口のベニックス、片倉のシルク、カワムラのニシキなど今は無き国産自転車メーカーがこぞって出していました。
あのころは国産の自転車メーカも多く残っており国内でフレームからパーツまで作っていました。
そんな中で各社の技術力を集結して作っていたのがランドナーと呼ばれる長距離旅行用の自転車でした。

荷物を積むためのキャリアが付いている。
どんな天候でも快適に走るために泥除けが付いている。
色々な姿勢が取れるリーチの深いドロップハンドル。
蝶ナット、カンティブレーキなど少ない工具で分解、メンテナンスが簡単にできる仕組み。
夜間でも長距離走れるダイナモ付き。
峠越えも考慮したワイドなギアレシオ
柔らかな乗り味のオフセットが大きめのフォークとクロモリのフレーム

こんな特徴を持ったランドナーですがマウンテンバイク人気の陰でほぼ絶滅寸前になってしまい。
今売られているのはこんなものぐらいです。

アラヤ/ランドナー

maruishiエンペラー ツーリングマスター

後は東京サンエスのRambouillet、深谷のDAVOSが完成車、ケルビム、トウエイでフルオーダーぐらいのとってもお金のかかる趣味の世界になってしまいます。
まずRambouilletは、ランドナーでキャリパーブレーキは無いだろう、とか
何故にバーエンドシフター?というのもあってこいつは没です。

ケルビム、トウエイはちょっと手に負えそうに無いのでパス。

というわけで、深谷のDAVOSを探すことにしました。
ただ、私のこだわりとして700Cのタイヤ、フロントトリプルのチェンリンク、STIシフターが有るのでそれなりの改造までやってくれる店探しからのスタートです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アサリとワケギの酢味噌和え

IMGP1288

一昨日の残りのワケギを有効活用するために今日はアサリのボイルを買ってきました。
前回はボイルホタルイカに付いてきた白味噌の芥子酢味噌でしたが、今日は黒酢と赤だし味噌でちゃんと作りました。
名古屋生まれとしては酢味噌和えも赤味噌じゃなくちゃいまいち物足りないものがあるんですよね。
名古屋以外の人にはゲテモノ扱いされがちな赤味噌ですが、名古屋じゃこんな風にマヨネーズやケチャップと並んでチューブ入りの味噌も有るんですよ。
本日はコレにチョッと酢と芥子を溶いて軽く湯がいたワケギとアサリの剥き身を和えただけのお手軽料理でした。

こういうのを食べると春が近づいてきたなと実感できます。

▽名古屋グルメ▽【名古屋名物】イチビキ献立いろいろ味噌

本日の失敗は、ワケギを全部湯がいてしまったので厚揚げのあんかけに薬味が乗っていないことです。
彩りにチョッと欲しかったなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シークァーサー割

シークヮーサー果汁100%ダイエット・血糖・血圧の気になる方おすすめ!

先週通販で買ったシークヮーサー果汁ですが、危険です。
ダイエットにお勧めと有りますが、体重が増えちゃいました。
泡盛や黒糖焼酎にちょっとたらすといくらでも呑めちゃいます。
酸っぱくなる程でもなく、ちょっと酸味が有るかなぐらいの入れ方、
カクテルのレシピで言うところの1ダッシュか1tspがお勧めなんですが、焼酎や泡盛に無い酸味がプラスされることで味わいがぐっと広がります。

チョッと試しに、サントリーの沖縄シークヮーサーチューハイも呑み比べてみましたが、
こちらは泡盛含有量も少ないし、炭酸が入っているので全く別の飲み物でした。

サントリーのは甘くてまるっきりジュースです。
清涼飲料水としてはとても飲み口が良くヒラミレモンの香りが爽やかで美味しいのですが、飲兵衛親父の飲みものではない感じがします。
夏の海でバーベキューするときにはいいかもしれませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうすぐ春ですね

IMGP1286

今日の晩酌はホタルイカとワケギの酢味噌和えと雑魚おろしに鰭酒でした。
早春の香りのする酢味噌和えにまだまだ寒い風に冷え切った体を温めてくれる熱々のヒレ酒の組み合わせはこの時期ならこそ楽しめる組み合わせです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つくしは花粉に効くのか

花粉症に「つくしエキス」効果? 日大がアメ開発というニュースが入ってきました。
コレが本当ならとっても朗報です。
かく言う私は大のつくし好き、春先ともなると犬の糞が落ちていなさそうな土手や畦道を探してはつくし採取に余念がありません。
土筆の卵とじは大好きな酒の肴で春先には欠かせません。

ツクシの成分のうち何が花粉症に効くのか記事にはありませんでしたが、「採ってきたつくしを調理して食べたところ、症状がピタリと止まった」というくだりがあるので私の食べ方でもご利益が有る可能性が高いです。

こんなことなら冷凍保存のをちゃんととっておけばよかった。
実はつい先日まで冷凍保存の土筆があったんですよ。
ギリギリt花粉症のシーズンになる前に食べ尽くしちゃうなんてタイミング悪すぎです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自転車を物色する

昨日は自転車が欲しくなって色々見てまわりました。
GiosのPure Dropの実写も見てきました。
クランクがSuginoの48-38-28T というのがポイント高いです。
それからエンド部のアイレットがあってボトム部のクリアランスも十分で泥除けがちゃんと付きそうなのもいい感じです。最近は自転車に泥除けが付いていないものも多く、付いても後付けのもシートポストにつけるハーフフェンダーが精一杯見たいな事が多い中、これなら本所工研のフルフェンダーが付くというのが昔のランドナーで育った世代にはうれしいです。

12月入荷予定!予約受付中06 GIOS ジオス PURE DROP ピュアドロップ

Pure Drop以外での収穫は東京サンエスのカタログをもらったこと、
このカタログはいいです。
内容盛りだくさんでこのフレームにコレとコレをつけて、、、などと妄想するのにはいい感じです。
深谷産業のフレームのカタログにシマノのパーツカタログも欲しくなっちゃいました。

このカタログを見ていて懐かしいメーカも再発見しました。
丸一金属、昔、中学生の頃乗っていたユーラシアに付けていたスタンドのメーカーです。
あの頃の中学生の乗る自転車にしては贅沢なものでしたが、中学でサイクリングが大流行で相当入れ込んでいたのでお年玉をつぎ込んで出来る限りいいパーツを選んでつけていました。

今は自分で稼いでいるのであの頃の夢だったパーツも手が届くと考えると益々パーツ選びが楽しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉の季節

昨日辺りから目の周りが痒いです。
いよいよ花粉の季節が到来したかと思うと気分が重いですが、プールの中は花粉の無い世界でとても快適です。

今日は津のプールでみっちりと一時間泳いできましたが、泳いだ後の方が体が軽くなるぐらい絶好調でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう直ぐ春だというのに

もうすぐ春だというのに、今日も劇寒くて全然春な気分じゃ無いので、食卓だけでも春らしくと今日の肴は菜の花です。 菜の花のガーリックソテーと鯖の干物で泡盛のヒラミレモン割をいただきました。菜の花はニンニクのスライスで香りを移したオリーブオイルでソテーして塩コショウで味付けして、仕上げにバターでコクをつけただけの簡単なものですが春の香りがして、この季節のご馳走です。 ちなみに、泡盛は島唄の25℃、ヒラミレモンは通販で買った果汁です。

【シークワーサー果汁100% 360ml】初売りセール20060127アップ祭10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自転車が欲しくなる

厄年なのでお伊勢参りに自転車で出かけたりしています。
今乗っている自転車は1991年に買った自転車なので相当ガタが来ています。
ARAYAのMuddyFoxという今で言うところのシクロクロスといわれているジャンルの自転車です。
ロードレーサーの軽快性とマウンテンバイクの走破性を併せ持たせた自転車で、泥除けとライトとスタンドを付ければ最強のオールラウンドな自転車になります。
ロードはスピードが出せて長距離乗れますがタイヤの空気圧を小まめにチェックしたりタイヤを交換したりとにかくメンテナンスが大変です。
マウンテンバイクはサスペンションが重くなり下り坂はいいけど上り坂が苦手でブロックパターンのタイヤは転がり抵抗が大きく長距離にも向いていません。
ママチャリと呼ばれるお買い物自転車も2~3kmまでなら丈夫で便利ですが長距離や上り坂でとても辛いものがあります。

クロスバイクはこれらの不満や不便な点を満遍なく解消してくれるもので、手ごろな値段では4万円ぐらいから有るようです。
例えばこれなどは4万円ぐらいで売られているようです。
Raleigh ラレー '06 MARION マリオン MRN

私的には偶には40~50kmぐらい走りって見たいのでドロップハンドルのが欲しいなぁと思っているのでこちらのようなのを中心に物色しているところです。
ビアンキ LUPO/2005年
GIOSPURE DROPブラック(ピュア ドロップ)
2006 Jamis (ジェイミス) NOVA シクロクロス

最近は脚力が衰えてくているのでギアが軽いところが手厚いコンパクトドライブでマッドガードをつけたいなぁと考えています。
ランドナーをベースにシフトレバーをSTIシステムに変えるという手も無いわけではないけどランドナーを探すほうが大変なので、シクロクロスを中心にカタログを眺めています。

今が一番楽しいときかも(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉の季節

昨日辺りから目の周りが痒いです。
いよいよ花粉症の季節の到来です。
目の周りが痒くて、掻きすぎでまぶたがひりひりするし、目がはれてなかなか寝付けないし。
寝付けないのと、飲み薬の副作用でとても眠く、普段より何割増しで眠くなります。
仕事中に眠くなるのも問題ですが、一番困るのが鼻が詰まること。
鼻が詰まるとお酒の繊細な香りが分からなくなって、香りを感じられなくなるとどんな美味しいものでも砂を噛むように味気なくなってくることが困ります。
お酒が味気なくなるなんて悲劇です。
些細な花粉症対策として通販で甜茶を買いました。
ペットボトル1本分の値段でティーバック20袋と劇安だったので纏め買いしておきました。
コレで乗り切れるといいなぁ


甜茶100%(2g×20袋)初売りセール20060127アップ祭10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年の水着の新色

今までならこんな透けそうな色は競泳用水着ではなかったんですが、技術の進歩で透けないそうです。
透けないどころか赤外線を使った透視撮影みたいなのも出来ないということです。
こういった明るいピンクや黄緑の水着の人がいるとプールも華やかになっていいですね。

ARENAレディス競泳水着nux リミック【2006新色】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラムサール

昨日は久しぶりに姪っ娘から電話がありました。
何かおねだりする時しか掛けてこないのですが、今回は宿題のお手伝いだったようです。
総合学習で「ラムサール」という地名が出てきてどこの国か知りたかったらしいのですが、
小学校4年生でイランの地名ってやっぱり地理の勉強じゃなくてラムサール条約関係なんでしょうね。

小学校1年生の頃にゴジラの映画を見て舞台となった南太平洋の島々の場所を確かめたくって地球儀を買ってもらい、低学年の頃にはナウルとかアメリカ信託統治領ギルバード諸島、マーシャル群島なんて地名を覚えたぐらいの地図オタクの私でも、イランの地理は中学の時にNHKのシルクロードを見るまでは興味を持たなかったぐらいだから、普通の小学校4年生にはチョッと難しいかなと思います。

それとも「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」の関係でゆとり教育でスカスカになったカリキュラムでも教えるぐらい重要になったのかな?

いずれにしても、何も考えなしに答えを教えてしまったのは悔やまれます。
「カスピ海沿岸の街」とか「昔はササン朝やパーレービー朝といった王朝が栄えた国」とか「絨毯の産地」とか言っていっぱいお話をしておけば良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »