« August 2005 | Main | October 2005 »

Saolaの贈り物

IMGP0991
結局先週末は2回も海に行ってしまいました。
僕にとってはすばらしいプレゼントになりました。ありがとうSaola

23日は3時間半、25日は2時間半しっかりとボディボードを楽しみました。
写真は25日の午後2時ぐらいの伊勢国府の浜です。
日曜日は台風の影響で風が強くリップから大量のスプレーが出ています。
このためか、三連休でもっと別のところに遊びに行っているからなのか比較的空いていて気持ちよく波に乗れました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年最初のボディーボード

昨日23日の伊勢国府の浜は手ごろなファンウエーブでとても楽しめました。
あまりにも楽しくって3時間半も海に入っていたら昨日の内にこの記事が書けないぐらいクタクタになっていました。
台風のうねりがイッパイ入ってくると連続してスープが押し寄せてアウトに出られないぐらいになりますが、昨日はブレイクとブレイクの間隔があって、その間に出られたのでアウトに出るだけで精一杯ということにはなりませんでした。
今年の国府は大きな波がなかなか来なくて何時も小波用に買ったファンボードばかりで遊んでいましたが、昨日は初めてボディーボードが楽しめる掘れたサイズのある波が来ていて、今年最初のボディーボードの出番となりました。
久ぶりにやったので最初はチョット感覚がつかみにくかったけど、3本ぐらいのったら感覚を取り戻し思い通りとはいきませんが気持ちのいいマニューバを描くことができました。

昨日は9月にしては日差しが強くサーフハットがとても役に立ちました。
最近はハット着用者がふえてきているようで、昨日も5人ほど見かけました。
私のお薦めするサーフハットはTAVARUA(タヴァルア)サーフハットで頭にフィットさせる調節ひもが付いていたり、2種類のあごひもがあったりサーフィン中に使う事を考え抜かれた作りになっているのがイイです。
アウトに出やすかったといってもセットによっては胸、肩のサイズがあるのでドルフィンスルーは欠かせなかったのですが、ドルフィンスルーをしても脱げることもなく、強い日差しから守ってくれました。
日焼けの気になる女性や、強い日差しで目が痛くなると感じている人にはお薦めしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saola来襲

去年は週末にいい感じに波を届けてくれる台風がいくつもあったんですが、今年は心なしかハズレの台風が多いようです。
私のお休みは基本的に土日なので週末に丁度うねりがヒットするタイミングでやってくる台風は貴重です。
台風17号、通称Saolaは期待の持てるタイミングに良い位置に居るので明日が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水着の買い時

ここ最近また水着が売れているようです。
やはり一番良く売れるのは6月ですが、6月とはちょっと違う売れ方で売れています。

もともと私のホームページにはブックマーク代わりに水着の通販サイトへのリンクがありましたが、最初は海外のサイトとアシックスやアリーナのサイトが中心でした。
楽天に出店しているところはヒカリスポーツさんからリンクの申し込みがあってリンクしたのが最初です。
最初はアフィリエイトではありませんでしたが、今年の5月にリンクを辿って見に行っている人は多いけど実際にどのぐらいの人が購入しているのか知りたくなりアフィリエイトに切り替えました。

6月7月はリンクしているショップで満遍なく売れていたようです。
特に格安なビキニを扱っている愛着屋さんとMizugi・doさんは点数が多かったです。
8月になるとすっかり売れ行きが悪くなりビキニは殆ど動かなくなりました。
それが9月の中旬になって競泳用のものが売れ出したようです。

夏だけスイマーが減り温水プールで年中水泳を楽しむ人が買っているのだと思いますが水着ショップはどこも品薄状態になっています。
シーズンの終わりのバーゲン狙いの人はお早めに

| | Comments (0) | TrackBack (0)

海では波もお休みでした

IMGP0885
別に波まで衆議院選挙に行った訳ではないと思いますが、何でここまで波が無いのかというぐらい穏やかな浜辺でした。
伊勢国府の浜は東に向かって開けた浜辺なので東の海上に低気圧があったり、本州の南を低気圧が通り過ぎた直後にサイズがあがってくるのですが、今年はそういった状況になりにくいようです。

昨日も何時もどおりに鏡のように平らな海面が広がっていました。
それでも時折訪れるうねりをひたすら待ち続けるサーファーがぎっちりと居ました。もちろん私もその一人でしたが、、

小さい波でも小さい波用にプロに選んでもらったファンボードは微かなうねりを捕らえてすーっと走っていって楽しませてくれます。
がつがつと波を取るでもなく、格好よく決めるでもなく、ただ時折来る波を大事に大事に消えるまで乗ってみたいと波のご機嫌を聞きながらとりあえず乗っているだけがとても楽しくて気持ちが良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プールの地図記号は必要ないのですか

何を隠そう実は地図オタクです。
地図は一日中眺めていても飽きません。
物心が付いた頃から地図とか地球儀が好きでした。
小学校の一年生のとき、ゴジラ対ガイガンを見てゴジラが戦った場所がどこなのか知りたくてマーシャル諸島やギルバート群島、ナウル共和国などを一生懸命探したのは今でもよく覚えています。

さて、地図といえば国土地理院なんですが、この度国土地理院が小中学生を対象に新しい地図記号を募集するようです。
2万5千分の1地形図に使われる地図記号は地図を読むための標準語みたいなもので、これをマスターすれば地形図を眺めるだけで風景が想像できるぐらい土地利用の状況が分かる重要なものです。
今まで国土地理院が全て内部で決めていたものですが、今回初の試みとして「風力発電用風車」と「老人ホーム」の新しい地図記号のデザインを募集するそうです。

ランドマークとして目立つ存在の風車と近年急激に増えている老人ホームの地図記号を作ることに異議は無いのですが、既に多く存在し不特定多数の利用者がある体育館やプールの地図記号が無いのはかなり寂しいです。
国土地理院さん、ぜひプールの地図記号も作ってください。

それにしても、風車が地形図に載るようになったら、風車巡りの旅をするマニアもきっと増えるだろうなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プールの拡充とブログの役割

先日、三重県知事に手軽に全身運動が行える施設として温水プールの充実をお願いしてきました。
この提案を現実のものとするためには私一人の声だけでは到底無理です。
知事には一年を通して気軽に使えるプールを作って欲しいという要望があることは理解していただいたと思います。
しかし、一人しか要望していないハコモノを行政が公費を投じて作るなんてことは出来ないことだし、あってはならないとだと思います。
色々な機会を通じて多くの有権者が同様の要望をして初めて民意となり、行政として行わなければならない課題になりうるのです。

民意を形成するためには同じような意見を持つものが連携をとり、お互いが気が付いていない点を教えあったり、励ましあったりして要望の質を高めていくことが重要だと思います。
ただ欲しいだけでは駄々っ子の泣き脅しみたいになってしまうし、大なり小なり累積債務が問題になっている自治体ではそれ相応の理由が無い限り、今更ハコモノは作れないのです。
行政が投資に値すると飛びついてくるような提案をしていく能力が無ければ、いくら要望しても実現しにくいと思います。
意見の交換を行い、案を練り、客観的に見ても合理的で多くの受益者が見込めると思える提案を纏め上げることができたら民意として採用される可能性がぐっと大きくなるのではないでしょうか。

従来の意見の交換や集約は業界団体のような組織で行われていていました。
インターネットが普及する前は費用や手間が膨大にかかるため専門家集団である業界団体のような組織の声が優先的に民意として取り上げられていたと思います。
インターネットの普及で通信費用と手間が小さくなり、同じような考えの人間が集まりやすくなりました。
ブログは特にトラックバック機能を使うことで情報発信者同士の連携が採りやすいこと、
日記のように日々意見を書き足していけること、
トラックバックされた意見を元に更に考えを練ることができること、
など連携をとりながら意見を集約していくための機能が揃っています。

ダイエット目的でも健康維持でもマスターズ出場でも理由は問いません。
もっと身近に手軽に利用できるプールが欲しいと感じた方はぜひトラックバックしてください。
最初はプールが遠いとか、9月なのにもう営業終了だったとか、不便に感じていることの不満だけでもいいと思います。
順番に不満の原因を明らかにしていって、だからどうして欲しいのかをハッキリ言える様になれば有効な有権者の声になると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏も終わりかな

最近は夜寝るときにエアコンをつけっぱなしにする必要もないし、窓を開けて扇風機を掛けっぱなしにすると朝方はちょっと寒いぐらいでかなり秋めいてきたなぁと実感できます。
プールのホームページの方もすっかり秋になったらしく、お盆の頃は600~700アクセスあったものが平日は300、週末で450アクセスまで減りました。
特に検索サイトから各プールへのアクセスは激減しているようです。
夏しかプールに来ない人が減るのは年中プールに通っている人たちにとっては泳ぎやすくなるので歓迎なのですが、水泳やプールに行くことが夏だけのものという認識が根強過ぎるのも通年利用できるプールの普及の妨げになるのでもう少し夏以外もプールに行く人を増やしたいなぁと思っています。
秋も冬もプールに行きたくなるようなキャッチコピー有りませんか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

危険な水着

水着のインナーサポーターが原因でオチンチンの先っちょを怪我するという事件があったようです。
詳しくは発売元のユニクロのページで見ていただくとして、ひとつ気になったことがあります。
われわれ一般消費者としてはユニクロの企業サイトの方と言うのは株を買うために企業情報を見たいとかでなければあまり訪れることは無いと思います。
一方でユニクロの通販サイトは新作商品のチェックなどでブックマークしている人も多く居るとおもいます。
今回のリコールの発表は少数の人しか訪れないと思われる企業サイトの方だけの発表のようです。
このような重大な欠陥のリコールは多くの人に知ってもらってこそ被害の拡大が防げるのであって、被害をこれ以上出さないことが企業価値の向上に繋がるはずなのに通販サイトのほうには何も無いのがかなり残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »