« March 2005 | Main | May 2005 »

サーフボードの積み方

今日、国道一号線を走っていたら何か違和感のある積み方をした車に出あいました。
私のデミオでも7フィート2インチのボードを中積み出来るのにショートとおぼしきサイズの
サーフボードを屋根に積んでいる車だったんです。
屋根に積む事自体は問題ないのですが、よく見るとノーズを前にして積んでいるのが
違和感の原因でした。
サーフボードを車の屋根に積む時は風であおられても簡単に落ちないように
万一ずれてもフィンが引っかかるようにノーズを後ろに積むのが基本だと教えられてきました。
実際にほとんどの方はノーズを後ろにして積んでいます。

これから夏に向かって波乗りを始める方も多いと思いますが道具の扱い方を教えてくれる
プロの居る店で購入してちゃんとアドバイスを受けてくださいね。
影で笑われるだけならまだしも、大惨事を起こしてしまったら取り返しがつかないですよ。
それではみなさん安全第一で海を満喫しましょう。
ではノシ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私的海開き

本日、国府の浜で俺的な海開きをしてきました。
といっても、単純に今年はじめて海に入った。と言うだけなのですが自分的には感慨深いものがあります。
なんといっても気持ちがいい。
駐車場のおじちゃんも健在だった。
こんな時期から入っているのは名前は知らないけど見たことのある顔ばかりだった。

普通、サーフィンのポイントってローカリズムといって地元で活動していてそのポイントを
大事にしているご意見番みたいな存在があって割と閉鎖的な社会なんです。
当然、そういったポイントでは4月の早朝なんてローカルとおぼしき方ばかりで
ゲストで入るにはそれなりに気配りが必要で挨拶は最低限のマナーです。
反面、3週連続で通えば顔を覚えていただけるようなアットホームなところがあります。
そんなサーフィンにあって伊勢の国府の浜は世界で最もゲストウエルカムというか
間口の広いポイントです。
その引き換えに夏場などは人が多すぎて右にも左にも走れないほどのパニック状態に
なります。
当然お互いに挨拶もなく知っている顔もちらほら程度なんです。
そういったポイントでも4月の早朝6時は見たような顔ばかりで何だか心地よかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風3号

台風3号がいい感じで来ています。
しばらく波の少なさと水温の低さのために足が遠のいていた海に行きたいと思わせる素敵な天気図になってきました。
しばらくお休みしていた波乗りの再開を今週末にしようと考えています。
ここ最近の暑いぐらいの陽気と波が期待できる気圧配置、台風のうねりがうまくお休みの日に重なってくれることを期待しつつ今週一週間がんばりたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の肴はホタルイカ

今日の晩飯は近所のスーパーで見かけたホタルイカのボイル(酢味噌和えようの味噌つき)
198円の半額処分でした。
これに近所の農家がスーパーの店先に並べているワケギ60円なりでホタルイカとワケギの酢みそ和え
締めて159円の肴で芋焼酎「天使のはしご」のお湯割りをいただいています。
富山湾名産のホタルイカはこんなにリーズナブルなのに、富山湾名産の海洋深層水のプールは滑川まで行かねばならず、ここ3年ほどはトンとご無沙汰しています。
ありきたりのプールや温泉は近所にあれば通うけど態々行きたいとは思いませんが、ホタルイカみたいな特徴的なキーワードで思い出しちゃうとタラソピアはもう一度行ってみたいと思い出されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プールと平成の大合併

こういうタイトルだとカテゴリを何にしようか非常に迷います。
既に4月も一週間が経ち組織改革の激動も驚いている時期から現実にせねばならない事に追われる時期に移っていると思います。
社会人としての会社内の変革もある中、趣味でやっているプールの紹介ホームページもいろいろと手直しをせねばならないところが出てきて大変です。

この4月1日も愛知県内で平成の大合併に伴って新たな市が誕生しています。
これによって住所の変わったプール。
運営者が変わったことにより運営ルールが変わったプール。
施設名が変わったプール
がいくつも有るようです。
私のホームページはいたずらに数を追わず、自分の目で見ることの出来る範囲で利用してみた素直な感想を伝えたいという気持ちでやっています。
しかし、私自身がまたもや転職で名古屋を離れているという、ひたすらに私的な理由で更新が遅れているところに持ってきて、私の人生で初めて体験するような新しい市が次々に誕生するような事態で何時今回必要な更新が終わるのか分からない状態です。
最悪、今思いついている更新せねばならない項目をそのうち忘れ去るという事態も予想できるだけに、ますます信頼性が失せるのは間違いないかと頭を痛めています。

と、盛大に言い訳を並べておくのでHPのコンテンツに古い内容があっても許してね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイエットに効く水中ウォーキング

いつもガンガンと盛大に水飛沫を上げていそうな私ですが、歩くときは歩くんです。
大抵は15分ぐらいは歩いています。
15分と聞くと、「たったの15分?」という反応のほうが多いかもしれません。
でも、抵抗の少ない無駄の無いフォームで15分まったりと泳ぐより、
思いっきり普段使わない筋肉に負荷をかけて歩く15分では断然歩く方がしんどいです。

その時の気分にもよるけれど、50mづついろんな歩き方をしています。
膝を思いっきり高く上げて、ふくらはぎを使う歩き方
大また開きで腰を落として腿の筋肉を使う歩き方
横歩きで腿の内側と外側を使う歩き方
同じ横歩きでも相撲の稽古の又割りのように腰を落としておいて足を水平に横に開く歩き方
後ろ向きに腹筋を意識してぴょんぴょんと蹴り出す歩き方
ボールを蹴るようにつま先で水面を蹴りながらの歩き方
サッカーのブラジル代表がウォーミングアップでやっている3拍子のリズムに乗って体をひねる歩き方
とにかく思いつくあらゆる筋肉をちょっとづつ順番に使っていく歩き方をすることにより短時間で効率よく筋肉を使うように心がけています。

普段の生活で使える筋肉は普段の生活の中で鍛えられますが、普段の生活で使うことの無い筋肉はプールのような非日常の場所で使ってあげないと全く使われずになまってしまいます。
鍛えた筋肉をそれ以上に鍛えるのは大変なことですが、怠けた筋肉の目を覚まさせるのは意外に簡単です。

皆さんも最小の努力で最大の効果を得られるウォーキングスタイルを考えながら歩いてみてください。
思わぬ発見がいつもあるものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

透けない水着、透ける水着

各社から2005年モデルが続々出ています。
最近の傾向として競技会用、練習用、フィットネス用など用途別にラインナップがされていることでそれぞれの用途別の個性が一段とはっきりしてきています。
フィットネス用は”楽しさ”。
カラフルなカラーリングや凝ったプリント柄が一段と進化しているように思います。
また、このカテゴリーは着易さも進化しています。
男性用はあまり変わり映えしないしプリントの面積が少なくて寂しい限りですが、女性用はフロントジッパーのタンキニスタイルや体型別ラインナップ、全身のプリントなど選ぶのが大変なぐらいです。

練習用は”高負荷”。
わざと抵抗をつけて筋肉トレーニングの負荷にしようという発想になっています。
女性用は競技用と同じようなカッティングでも十分に負荷をかけられますが、男性用の競技用では面積が小さすぎてたいした負荷にならないらしくスパッツ型とボックスカット型になっています。
負荷をかけるのであれば男性用にラッシュガードタイプの水着の上半身用も売り出せばいいのにと思いますがこれはまだ売り出されていないようです。

競技用は”低抵抗”。
ますます繊維の吸水率が少なく、流水抵抗が小さくなっています。
そして今年のアリーナが打ち出した新機能が”ビデオプルーフ”
裏地に特殊な赤外線を通さない生地を使うことで競技会を赤外線カメラで盗撮する不埒なやからから選手を守るためらしいです。
今までの肉眼で見て透けていないから更に進化して特殊なカメラの目からも透けて見えないようになりました。

一方で海外のリゾート向けビキニの世界ではALS Bikinisや Wicked Weasel といったメッシュを使った透けている水着のショップも人気が高いようです。

用途、目的、場所と時間に合わせて最適の水着を選んでください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »